初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ナスの育て方 肥料・堆肥

ナスの追肥|家庭菜園でのナスの育て方

投稿日:

ナスはとてもたくさんの肥料を吸収します。
肥料が不足するとナスの実の数や大きさ、味に大きく影響します。

ナスの実が着き始めたら定期的に肥料を与え(追肥)
ナスの葉がしっかり光合成できるように成長を手助けしてあげましょう。

スポンサーリンク

また乾燥も病気や実の品質低下を招く環境をつくります。
まがったようなナスは栄養や水分不足、病害虫の影響で
光合成のバランスがくずれるとできてきます。

気温がだんだんと上がってくる時期は
肥料切れと水分不足に注意しましょう。

追肥にはぼかし肥や油粕などの肥料を使います。
分量はナスひと株あたり一握り程度です。

低温でじっくり時間をかけて醗酵したぼかし肥料です。昔ながらのほんぼかし肥料 1kg 【平金産業】

スポンサーリンク

低温でじっくり時間をかけて醗酵したぼかし肥料です。昔ながらのほんぼかし肥料 1kg 【平金産業】

ナスの茎や根に直接触れないように
株の周りに肥料を与えます。

追肥をしたら必ず水をやり
肥料を十分に地中にしみ込ませます。

肥料が切れると、葉が下のほうから黄色く枯れてきます。
鮮やかな緑からだんだんと色が薄くなり
黄色くなってきたら肥料切れのサインです。

ナス 下葉の黄化

 ナスの種まき 

ナスの育苗・鉢上げ

ナスの定植

ナスの仕立て方・誘引

スポンサーリンク

-ナスの育て方, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

no image

ナスの色と健康効果|紫色はナスニン色素

ナスの色は、紫色、黒紫色というのが一般的です。 しかし、数あるナスの品種の中には、白いナスのなる「シロナス」や、 黄緑色のナスのなる「アオナス」などがあります。 この白いナスは、特に欧米の地方で好まれ …

no image

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時にも、目盛りの付いたものが便利かと思いますので、100円均一などで、家庭菜園用として購入しておきましょう。 また、液体用 …

カテゴリー

最近のコメント