初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ダイコンの育て方 肥料・堆肥

大根の肥料の与え方|おいしいダイコンの育て方

投稿日:

ダイコンの肥料はうねの中央に溝を掘り
有機肥料を埋めておきます

スポンサーリンク

肥料は米ぬかでも油粕でもあるもので大丈夫です
肥料がない場合は肥料成分がバランスよく入った
根菜類専用の肥料もありますの用意しましょう

サンアンドホープ 根菜の肥料 ◆2950円以上送料無料根菜の肥料 2kg

スポンサーリンク

サンアンドホープ 根菜の肥料 ◆2950円以上送料無料根菜の肥料 2kg

購入した肥料は袋に与える目安量が書いてあります
うねの溝1mあたりに両手で1?2すくいくらいが適量かと思います
肥料を埋めたら、土を寄せて、20センチくらいの高めのうねを立てます

うねには種を2列にまくようにすれば
ダイコンの根が直接触れることがなく
肥料やけを防ぐことができます

また秋まきダイコンの時期は夏野菜の残渣や雑草がたくさん出てくるので
枯らしておいて一緒に埋めると家庭菜園の畑がきれいに片付きます

⇒大根の種のまき方

スポンサーリンク

-ダイコンの育て方, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥料 三大要素 窒素

肥料の三大要素|窒素N・リン酸P・カリK

肥料の三大要素とは窒素(N)リン酸(P)カリ(K)のことです。植物が育つためにはいろいろな栄養素がありますがとくにこの三大要素が重要となります。簡単に言うと窒素は体つくりの基本材料、リン酸は植物の活力の素、カリは植物体内の調整役になります。植物ごとの特性に合わせて上手に肥料を与えていきましょう。

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の堆肥の使い方|充分に完熟した堆肥を使うように

落ち葉や、藁などを使った植物質堆肥は、肥料分が少ないので、 過剰に入れすぎなければ、たくさん入れても肥料焼けの心配がありません。 スポンサーリンク 植物質堆肥を土に混ぜ込むと、徐々に分解され、フカフカ …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

no image

日照不足の時の肥料の考え方|上手に量を調節して上げる

私たち日本人は米を主食としますが、植物は、日光と、二酸化炭素、水の3つを主食としています。 そのため、野菜にとって日当たりや、温度、水やりはとても重要であり、それによって大きく生長が左右されます。 肥 …

no image

ラディッシュの栽培のポイント|水やりは回数を減らして一度にたっぷりと

ラディッシュ栽培のポイントを紹介します。種まきはすじまきがおすすめです。水やりは発芽するまではこまめに、発芽した後は回数を減らして一度にたっぷりと与えるようにします

カテゴリー

最近のコメント