初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

石灰肥料 肥料・堆肥

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

投稿日:

植物が生長するにあたって土は重要なものです。
植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、
してあげなければいけません。

この記事では、石灰を使った土作りについて、
お話させていただきます。

日本の土壌の特徴として強酸性であることが多いと
言うことが挙げられますので、植物を生長させるために適している
弱酸性-中性になるように、石灰を使って中和させて行きます。

一般的に土作りに使われている石灰には、
消石灰、有機石灰、苦土石灰などがありますが、
マグネシウム不足になっている時には、苦土石灰をまくこともあります。

土作りの本や、石灰の袋に目安となる量が書かれていますが、
これは、あくまでも施す目安量となりますので、常に土壌に注意をし、
様子を見ながら石灰をまいていくことが必要だと言えます。

もし、石灰をまきすぎてしまうと、土が硬くなるだけでなく、
アルカリ性という家庭菜園に向かない土壌となってしまいますので、
まきすぎには気をつけたいですね。

自身の家庭菜園が強酸性であるかなどをチェックするには、
テスターを使います。土2に対し水5を撹拌したものに入れるテスターや、
湿った土にテスターを差し込むタイプなどがあります。

またアースチェック液という簡単にpHを図れる商品もあります

スポンサーリンク

⇒アースチェック液の使い方

こういった土壌のpH調節には強アルカリの無機石灰がお勧めですが、
土壌のpHチェックが出来ない場合には、貝化石や、
牡蠣殻石灰のような効果が穏やかである有機石灰を使いましょう。

 

スポンサーリンク

-石灰肥料, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …

no image

石灰資材が必要な好カルシウム植物|カルシウムは植物の必須元素

野菜が育つために必要な元素を「必須元素」といいます。この中には、窒素やリン酸、カリなどの他にカルシウムや、マグネシウム、亜鉛などの元素も含まれます。 その必須元素の1つカルシウムは、野菜の細胞組織を健 …

家庭菜園 堆肥 使い方

家庭菜園の堆肥の使い方|充分に完熟した堆肥を使うように

落ち葉や、藁などを使った植物質堆肥は、肥料分が少ないので、 過剰に入れすぎなければ、たくさん入れても肥料焼けの心配がありません。 スポンサーリンク 植物質堆肥を土に混ぜ込むと、徐々に分解され、フカフカ …

no image

野菜に必要な栄養素|17種類の必須元素がある

野菜の中に含まれる元素は、50?60種類あると言われていますが、その全ての元素が必要なわけではありません。 ■野菜に必要な必須元素 ・H(水)・C(炭素)・O(酸素)・N(窒素)・P(リン)・K(カリ …

カテゴリー

最近のコメント