初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

実のなる野菜への肥料のやり方|元肥だけでは不足するので追肥を与える

投稿日:

5月頃に畑に植えつけるナス科のトマト・ナスや、ウリ科のキュウリなどは、
徐々に暖かくなってくるとともに生長が見られるようになり、
果実の膨らみもどんどん目に見えて分かるようになり、とても楽しいです。

スポンサーリンク

しかし、育ちが盛んになっているということは肥料をたくさん吸収している
ということの表れでもあります。

元肥として与えた肥料だけでは徐々に不足していきますので、
追肥を行い、肥料不足にならないように注意します。

追肥のポイントは以下の3つです。
1.追肥の時期を見逃さないこと
2.肥料の種類は作物によって違うことを理解し、また適量を与えること
3.根っこがきちんと肥料を吸収出来るように、位置を考えること

ピーマンや、ナスなどの果菜類は実どまりがいい作物ですので、
植え付けた後、半月ほどしたら1回目の追肥を行います。
その後、半月ペースで3回?4回の追肥を行なっていきます。

スポンサーリンク

トマトや、スイカ、カボチャなどは追肥を早めに行ってしまうと、
茎葉ばかりが育つようになってしまい、実がなりにくくなります。

そのため、着果して果実が肥大した頃を1つの目安として、
追肥を行うのがポイントとなります。

肥料の種類は化成肥料・油粕・有機肥料などが適しています。
適量を与えなければ、思わぬトラブルを招いてしまいますので、
手加減して適量を与えるように心掛けてください。

大体、3回目の追肥を終える頃に生長が盛んとなり、収穫期を
迎えますので、適度に増量していきます。

根っこの先端付近は1番肥料の吸収がいい場所となりますので、
1回目は株元から20センチほど離れたところに円状に追肥し、
2回目以降は溝を作ってから与え、土をかぶせるようにします。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

追肥のタイミングとやり方|肥料は、根の先端に与えるのがポイント

生長すればするほど、野菜は肥料を良く吸収します。 そのため、その吸収に応じられるように肥料を適度に補給してあげるのが 野菜を上手に育てるポイントです。 スポンサーリンク

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

no image

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています 人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

no image

野菜が育つために必要な栄養素とは?|家庭菜園の肥料

家庭菜園で野菜が育つために必要な栄養素で重要なものは5種類あります。 その中でもとくに重要なのが 窒素 リン酸 カリウム の三大栄養素です。 ⇒肥料の三大栄養素について 窒素は葉肥えともいわれ、葉を茂 …

カテゴリー

最近のコメント