初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

それぞれの肥料成分の野菜に対する役割|重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

投稿日:

肥料は、大部分を根より吸収し、さまざまな物質の原料となり、
野菜の生長に欠かせない、さまざまなはたらきをします。

■窒素

窒素は、根・茎・葉の生長を促し、養分の吸収力を高め、
同化作用を促進するはたらきがあります。
そのはたらきより、葉肥と呼ばれることもあります。

■リン酸

リン酸は、根・茎・葉の生長をサポートし、花を咲かせることや、
実をならせることに重要な成分となります。
そのはたらきより、花肥と呼ばれることもあります。

■カリウム

カリウムは、野菜の中の生理作用のバランスを整える役割があり、
この役割によって、病害虫や、寒さ・暑さといった外的なものより野菜そのものを、
守るはたらきがあります。

■カルシウム

スポンサーリンク

私たち人間と同様、カルシウムは野菜の体を丈夫にします。
また、酸性土壌の調節、根の生長をサポートするはたらきもあります。

■マグネシウム

マグネシウムは、光合成で炭水化物を合成する、葉緑素の原料となります。
また、リン酸の吸収や、動きをサポートする役目もあります。

■野菜にとって重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

野菜の必須元素は17種類となりますが、マグネシウムにリン酸の吸収を
サポートする役目があるよう、それぞれの栄養素や、要因が、
お互いに補い合うこともあります。

しかし、必要となる元素が全て不足しない状態が1番良いと言えるため、
必要量を、バランス良く施し、良く土に混ぜ、それぞれの元素が、
それぞれの役割を果たせる状態にしておきましょう。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、マンガン(Mn …

no image

野菜が育つために必要な栄養素とは?|家庭菜園の肥料

家庭菜園で野菜が育つために必要な栄養素で重要なものは5種類あります。 その中でもとくに重要なのが 窒素 リン酸 カリウム の三大栄養素です。 ⇒肥料の三大栄養素について 窒素は葉肥えともいわれ、葉を茂 …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

カテゴリー

最近のコメント