初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

投稿日:

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、
追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。

肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、
土がいつまでも肥料を蓄えておけるわけではありませんから、
元肥、追肥の両方を使って、分けて与えることが重要となります。

必須元素の中にリン酸がありますが、リン酸については土の中を動きやすく、
追肥には向かないため、元肥として全ての分量を与えることが必要となります。

元々、野菜作りのできる土地として肥えている土を使う場合や、
肥料成分の多い完熟堆肥を用いた時は、これらに含まれる肥料成分を考え、
肥料を与えて行きます。

また、緩効性肥料を施した場合は、その効果がじわじわと続くので、
分量に注意すること、速効性のある肥料と組み合わせるようにして使用します。

スポンサーリンク

逆に、野菜作りをはじめて行う土地など、やせた畑を利用する場合は、
肥料成分が充分に吸収できるよう、降雨なども考えた上で肥料を与えます。

厳密に計算するのは、なかなか難しいことだと言えますが、
それぞれの野菜に必要な肥料分を確認し、大まかに与える肥料分を考えておきます。

例えば、トマトやナスであれば、窒素25グラム、リン酸30グラム、
カリ25グラムほどが理想です。(1平方メートル当たり)

あまり肥料を好まないマメ科のエンドウマメや、エダマメの場合は、
窒素10グラム、リン酸15グラム、カリ10グラムほどが理想です。(1平方メートル当たり)

野菜によって大きく変わりますので、育てる前には、
必要量を確認するようにしてください。

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土壌改良と施肥|冬の重要な作業のひとつ

冬は、家庭菜園の仕事もなかなか億劫になる時期ではありますが、施肥は重要なお手入れの1つです。 施肥は、肥料を与えることそのものをさす言葉ですが、特に冬の時期に与える肥料を寒肥とも言っています。 重要な …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

野菜に硫黄成分(S)は必須|自然界におけるスーパー栄養素

硫黄(S)は植物・動物の両方に存在するアミノ酸の3種の生成に必須です 硫黄を含むアミノ酸はメチオニン、システインです この3種類のアミノ酸はたんぱく質合成の構成成分になっていますたんぱく質がなければ植 …

野菜つくり

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します 消石灰10kg pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1 …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

カテゴリー

最近のコメント