初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キッチン菜園 ベランダ菜園 肥料・堆肥

プランター栽培の肥料のやり方|肥料焼けには注意

投稿日:

プランター栽培は、通常の畑を用いた家庭菜園とは育て方が異なります。
それは、肥料についても例外ではありませんので、プランター栽培の肥料の与え方について、
詳しく説明させて頂きたいと思います。

プランター栽培では、培養土の容量が少ないですから、畑での栽培と比べて、
肥料分を保持する土が少ないと言えます。

しかし、多めに与えれば肥料焼けを起こすこともありますので、
過剰に肥料を与えないように注意しなければなりません。

■肥料焼けとは?

肥料焼けは、根っこの持つ溶液濃度と比較して、
土壌の溶液濃度が濃くなってしまった時に発生するものです。

土壌の溶液濃度が濃くなった状態は、根が肥料を吸収しにくくなる他、
根の水分を奪ってしまうことに繋がるため、生長を阻害することになります。

スポンサーリンク

プランター栽培では、定期的な水やりが必要となりますので、
肥料は流れでてしまう部分も多く、肥料切れを起こしやすいと言えます。

そのため、速効性の高い肥料をこまめに与える方法や、
緩効性肥料をじわじわと効かせる方法が有効です。
こうすることによって、肥料焼けはもちろん、肥料切れを予防することができます。

■プランター栽培で育てやすい野菜

プランター栽培は、栽培期間の短い野菜が育てやすいと言えます。
特に葉物野菜などは、化成肥料の元肥だけでも充分に育てることができます。

それ以外の野菜を育てる場合は、緩効性肥料を元肥に施すようにし、
生育に合わせて、追肥を行う方法が良いでしょう

スポンサーリンク

-キッチン菜園, ベランダ菜園, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

no image

家庭菜園を簡単に始める方法|キッチン菜園やベランダガーデンでも楽しめる

家庭菜園は、広いスペースが必要だと考えている人が多く、畑を持っていない人や、広い庭のないという人などは、うちでは育てることが出来ないと諦めてしまう人も多いです。 しかし、実際のところは都心のマンション …

no image

初心者でもできるキッチン菜園の作り方

最近、家庭菜園が注目されています。しかし、アパートやマンションで暮らしている人も多くなかなか広い家庭菜園のスペースを取れないといった方も多いです。 そんな方にお勧めなのが、ベランダ菜園やキッチン菜園で …

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

カテゴリー

最近のコメント