初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

投稿日:

「家庭菜園に
興味があるんだけど、
初心者でも
できるのだろうか?」

野菜作りをしたことがない人には
野菜を作るのは難しそうに
思ってしまいますが、
基本的な栽培を理解したら
無農薬野菜を簡単に
作れてしまいます

家庭菜園は
初心者でも簡単に始められる野菜作りです

どんな畑を作ればいいのか?
良い土の作り方、種蒔きや苗の植付けから、
収穫までの育て方、水やり、害虫駆除の方法、
また家庭菜園を始めるのに必ず必要な道具から
あると便利なグッズまでどんどん紹介していきます

初めて家庭菜園に挑戦する方にもわかりやすく説明していきます
たくさんのおいしい野菜が収穫できますように、
少しでもこのページが皆様のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

⇒カテゴリーごとの記事一覧

 

野菜別の育て方・栽培特性

 

■ な行
ナス
ニンジン
ニンニク

■ ま・や・ら行
モロヘイヤ
レタス
わけぎ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは簡単な作物から育ててみましょう

野菜は種類によって栽培の難易度があります。
栽培が簡単な野菜をはじめに育て、家庭菜園に
慣れることから始めましょう。

はじめは
どんな肥料をどれくらいあげればいいのか?
水やりはどのくらい与えればいいのか?
虫がついてしまったらどうすればいいのか?
など分からない事だらけです。

また、それぞれ作物によって答えは異なっていきますので、
最初の1年-2年は簡単な野菜育てて家庭菜園に慣れていきましょう。

初心者にも優しく、育てやすい野菜は
ジャガイモ、ピーマン、ミニトマトなどです。

また、ハーブといったものも丈夫なため育てやすいです。
ローズマリーなどを育てておくのも便利ですね。

⇒家庭菜園初心者でも作りやすい野菜

■何をどれだけ育てて良いか分からない場合には?

家庭菜園をはじめる方は、自分がまずを何の野菜を
食べたいのかをイメージしてみてください。
その中から少しずつ野菜をつくるのがポイントです。

少しずつ色々な野菜を育てれば、様々な野菜を
色々な時期に収穫出来、食生活のバランスも良くなります。
また、天候や病害虫などの被害も分散出来ます。

食べたいものをいくつかピックアップし、その中で、
少しずつ育てていくと良いでしょう。

⇒珍しい野菜・品種

■収穫出来る量を考えること

例えば育てやすいとされているプチトマトであれば、
一株でも充分に収穫が出来ることでしょう。
食べる人数を考え、必要な量だけを育てるのが鉄則です。

■家庭菜園をする場所の広さで作物を選ぶ

まず、作物を育てる場合には育てる作物にあった
環境が必要です。例えば、カボチャやスイカなどの作物は、
1株育てるにしても場所を広く要しますので、
ベランダなどで育てることは出来ません。

自分の家庭菜園の広さを把握し、それに見合った
作物を育てることは非常に重要なことです。

⇒ベランダ菜園について

家庭菜園は、年を重ねるごとにどんどん面白くなっていきます。
最初は専門用語なども難しく、育てる作物によって
全く育て方が異なるため手間取ることも多いかと思いますが、

1年?2年もすれば、勝手が徐々に分かってきます。
根気良く続け、家庭菜園の面白さを感じてみてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

栽培期間の長い野菜

栽培期間の短い野菜は、一般的に育てやすく初心者向けとされていますが、栽培期間が長いからといって、一概に育てるのが難しいということではありません。 ただし、栽培期間が長くなればなるほど、手間がかかるとい …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

no image

家庭菜園での野菜栽培と環境条件について(温度、日当たり、風通し、土壌)

野菜は、植物です。そのため、草花と同じよう、栽培環境による影響は大きく、温度や湿度、日当たりや、風通し、水はけの良さなどを注意してみる必要があります。 ■温度に関して 野菜は生長は勿論、発芽にも適温と …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク 関連

ナス苗 風よけ

夏野菜苗(ナス、ピーマンなど)は寒さ対策、風除けをする

夏野菜(ナス、ピーマン、トマトなど)の苗は寒さには弱いです。 畑には植え付けの数週間前からビニールマルチを張って 十分に家庭菜園の土を温めておきましょう。 スポンサーリンク 関連

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。