初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の野菜を間引きして大きく育てる

投稿日:

家庭菜園で種まきから育てた野菜は生育段階で
何回か間引きしながら育てます

はじめのうちはどの株を間引きしたらいいのかわかりにくいかもしれませんが
難しく考えるころはありません

スポンサーリンク

野菜をよく観察してみて双葉のかたちがわるいものや虫食いのあるもの
ほかの株と比べて小さいものやひょろっと細く伸びているものを
抜いて元気がよさそうな株を残します

間引きした野菜はみそ汁の具やサラダにして
おいしく食べることができます

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での野菜栽培と環境条件について(温度、日当たり、風通し、土壌)

野菜は、植物です。そのため、草花と同じよう、栽培環境による影響は大きく、温度や湿度、日当たりや、風通し、水はけの良さなどを注意してみる必要があります。 ■温度に関して 野菜は生長は勿論、発芽にも適温と …

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

野菜つくり

種のまき方|3つの基本的な方法のメリット、デメリット

今日は、筋蒔き(条まき)・点蒔き・ばら蒔きの3つの種の蒔き方について、 紹介したいと思います。 スポンサーリンク 畑に蒔く場合、プランターに蒔く場合、セルトレイなどの育苗箱などに、 蒔く場合などに使わ …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

カテゴリー

最近のコメント