初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

投稿日:

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに
必要な成分が含まれています。

肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には
次のような特徴があります。

窒 素(N):野菜の茎や葉をつくり、生育を進める。
       特に葉菜類や果菜類に必要とする。

りん酸(P):成長の盛んな部分や花・菅一種に影響する。
       根の伸長を促進したり、果菜類の食昧を向上させる。

スポンサーリンク

加 里(K):葉や茎を強くする効果がある。
       果実の着きや肥大を促進したり、
       窒素が効きすぎた場合には肥効を抑える慟きもある。
       サツマイモなどのイモ類には特に必要な成分である。

窒素、リン酸、カリウムのほかにも比較的たくさん必要とされる要素が
カルシウムとマグネシウムです

石 灰(Ca):カルシウムのことです
        野菜が生育しやすい土壌にする。
        これは土の酸性を中和して肥料の吸収をよくし、根の張りもよくする。

苦 土(Mg):マグネシウムのことです
        葉緑素を作り、不足すると葉脈間が黄色くなる。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

野菜には、さまざまな品種があります。トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。 また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくな …

家庭菜園 メロン

日照時間が少なくても栽培できる野菜|家庭菜園で野菜を上手に育てる光の条件

日当たりが良いことは、野菜を上手に育てるポイントとなります。 日当たりが良ければ、冬であれ、全体的に日光を浴びることが出来るため、 生長が良くなります。 スポンサーリンク

no image

家庭菜園での元肥と追肥のやり方|野菜によって必要量が変わります

元肥とは、野菜の種まきや苗の植え付け前に土に施す肥料のこと、追肥とは、植えつけ後に野菜の生育に合わせて肥料を足すことです。 肥料は育てる野菜が必要とする分を与えるものですが、土がいつまでも肥料を蓄えて …

no image

良い苗の選び方|購入時に見極める3つのポイント

新鮮で元気な苗を購入するというのは、野菜売り場で新鮮な野菜を選ぶのと同じ事だと言えます。 ・根っこがしっかりしていて茎が太いもの・葉っぱの色は濃く元気な緑色をしているもの・節と節との感覚が詰まっている …

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …

カテゴリー

最近のコメント