初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 肥料・堆肥

肥料の性質|家庭菜園で肥料を上手に使う

投稿日:

一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに
必要な成分が含まれています。

肥料の3要素と呼べれている窒素(N)リン酸(P)カリウム(K)には
次のような特徴があります。

窒 素(N):野菜の茎や葉をつくり、生育を進める。
       特に葉菜類や果菜類に必要とする。

りん酸(P):成長の盛んな部分や花・菅一種に影響する。
       根の伸長を促進したり、果菜類の食昧を向上させる。

スポンサーリンク

加 里(K):葉や茎を強くする効果がある。
       果実の着きや肥大を促進したり、
       窒素が効きすぎた場合には肥効を抑える慟きもある。
       サツマイモなどのイモ類には特に必要な成分である。

窒素、リン酸、カリウムのほかにも比較的たくさん必要とされる要素が
カルシウムとマグネシウムです

石 灰(Ca):カルシウムのことです
        野菜が生育しやすい土壌にする。
        これは土の酸性を中和して肥料の吸収をよくし、根の張りもよくする。

苦 土(Mg):マグネシウムのことです
        葉緑素を作り、不足すると葉脈間が黄色くなる。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

no image

家庭菜園での品種選び|トマトだけでも品種はたくさんあります

家庭菜園は、さまざまな野菜を育てることができる点にメリットを感じる人も多いと思います。また、トマト1つにしても実にさまざまな種類の品種名がありますので、作りたい品種までを考えておくと、更に楽しみが広が …

カテゴリー

最近のコメント