初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方 家庭菜園の連作障害対策 家庭菜園栽培の基本

ウリ科の野菜の連作障害|同じ種類の野菜を植えるときは注意

投稿日:

同じウリ科の野菜を同じところで育てると、
成長が悪かったり、病害虫の被害に遭いやすくなったり、
収穫出来る量が本来よりも少なかったりといった事が起こります。

これは、連作障害と呼ばれており、ウリ科だけに留まらず、
同じ種類の物を同じ土で育てると起こってしまう障害です。

スポンサーリンク

連作障害の原因はいろいろありますが、その中でも特に、
病原菌が多くなることが原因だと言われています。

植物を植えると、根っこが好きな微生物が集まってきて、
土の中に微生物が増えていきます。同じウリ科の物を育て続ければ、
当然、集まる微生物も同じ種類となってしまい、

結果的に、病原菌への抑制力が低下してしまうのです。
そのため、植物が危険に晒されることになります。

丈夫で大きな美味しい野菜をつくるためには、
この連作障害を起こさせないような作り方を心がけることが
何より大切だと言えます。

下記を参考に、連作障害を起こさせないような家庭菜園を
つくっていきましょう。

連作障害を出さないためには?

連作障害に対抗するには、輪作が有効です。
輪作とは、植物を植える際に、植え付けの場所をその都度、
変えていくという方法です。

スポンサーリンク

同じ科の野菜を同じ場所に植えるのが原因と言われていますので、
それを回避するために、違う場所で植えていくのが理想です。

輪作をするためには、季節の野菜を頭に入れておくことです。
春に植え付け、夏に収穫出来る野菜と、夏?秋に植え付け、
冬に収穫できる野菜の2つに畑を分け、野菜を割り当てておくと良いでしょう。

暖かい場所を好む野菜と、寒い場所を好む野菜の2つを知り、
植える度に場所を変えていくことで同じ種類の物を同じ場所に、
植えない畑作りを目指しましょう。

連作障害が出にくい野菜

チンゲンサイ・小松菜・水菜・大根・カブ・キャベツ・ブロッコリー
といったアブラナ科の野菜は連作障害が出にくいです。
ニンジンなどのセリ科の野菜、玉ねぎ、ニラ、ねぎなどのユリ科の野菜も、
同じく連作障害が出にくいとされています。

連作障害が出やすい野菜

ゴボウやレタスといったキク科の野菜、サヤエンドウや、
ソラマメ、えだまめなどのマメ科の野菜、ゴーヤ、スイカ、カボチャ、
キュウリなどのウリ科の野菜、じゃがいも、ピーマン、茄子、
トマト類などのナス科の野菜は、連作障害が出やすいです。

スポンサーリンク

-キュウリの育て方, 家庭菜園の連作障害対策, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

輪作と連作障害|狭い家庭菜園のスペースを有効活用するには?

同じ野菜を連続して同じ場所で栽培すること、同じ科の野菜を連続して同じ場所で栽培することを、連作といいます。逆に、違う野菜、違う科の野菜を栽培することを輪作といいます。 スペースの限られた家庭菜園では、 …

野菜つくり

栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

種まき、植え付けより、収穫期を迎えるまでを「栽培期間」と言います。 野菜の栽培期間は、その野菜によって大きく異なる部分となるため、 さまざまな野菜を育てる家庭菜園では、野菜選びの重要なポイントとなりま …

野菜つくり

家庭菜園初心者でも育てやすい野菜|栽培期間の短いもの、手間のかからないものがおすすめ

家庭菜園の楽しみは、なんといっても、自分で栽培した野菜を、 収穫したその日のうちに、味わうことが出来るというところにあると思います。 スポンサーリンク ですから、野菜作りは自分の食べたい野菜や、食べて …

no image

キュウリの収穫のタイミング|大きくなりすぎるならミニキュウリの選択もあり

みずみずしくて、黄色い可愛い花を咲かせて、 緑のカーテンにもなる人気者のきゅうりですが、 実はすごく品種がたくさんあります。 ホームセンターに行って、きゅうりの苗を探すと、 種類が豊富すぎて迷ってしま …

野菜つくり

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、 そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。 家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、 色々な野菜を育てたいとい …

カテゴリー

最近のコメント