初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

投稿日:

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、
開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。

しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、
発芽しない場合もあるのをご存知でしょうか?

これは、種が発芽に向けて成熟するに伴い、自然の流れとして
一次休眠するためだと言われています。

スポンサーリンク

それだけではなく、種が悪い状況下に置かれた時など、
それに耐えるために、休眠に入る現象も見られることがあります。
これは、二次休眠と呼ばれています。

一次休眠・二次休眠ともに、この間は発芽が抑制されます。
ほうれん草や、ごぼうなどの野菜がこれに該当しますので、
休眠打破処理をするまたは、目覚めるを待つ方法をとって種を播きます。

スポンサーリンク

ほうれん草を夏に播き栽培する場合には、採取後、
日数が経っていないため、休眠が関与し、発芽が抑制されてしまいます。
そのため、種を1日水に漬けておくことが必要です。

その後、水切りをし1ミリ-2ミリ発根させてから、
種播きをするという、芽出し播きを行うのが一般的です。
これで、発芽をそろえることが出来ます。

種を水に漬けておくことによって、種皮に含まれている、
休眠物質を水で流すことが出来るため、発芽を促すことが出来るのです。

高温であることは、ほうれん草の休眠を誘いますので、
更に冷たい冷蔵庫にて保管をしておくと、発芽を促します。
その後、発根させて種播きを行うのです。

こうすることで、順調に生育することが出来るのです。
一次休眠・二次休眠ともに理解して育てることが必要ですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の中耕と夏の雑草対策|野菜の生育に対しての効果は絶大

夏の雑草対策は草が伸びてからでは作業も大変になってしまいます草が大きくなってからではタイミングが遅いのです  草取りの道具は鋤簾を使います鋤簾で土の表面をひっかくようにしてけずり草かきをします雑草は根 …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク 関連

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

no image

野菜の生育に適した環境|光、空気、水分、温度、栄養分の条件

野菜を育てるときに光、空気、水、温度、栄養分などの環境条件は健全な生育をするのに重要になってきます   土の中で種がよく発芽するには、適切な温度、水分、酸素が必要です発芽に理想的な土壌条件は …

カテゴリー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。