初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

野菜苗の上手な選び方|苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

投稿日:

春は家庭菜園をしている人にとって大忙しの季節です。
園芸シーズンを迎えますので、園芸専門店や、ホームセンターなどでは
色々な野菜の苗が売り出されるのもこの頃です。
家庭菜園 苗

スポンサーリンク

特に高温性で育苗するのに、日数がかかってしまう野菜や、
自分で苗を育てるのが難しいと言われている作物まどは、
この時期に売られる、苗を使って栽培するのが一般的です。

しかし、この苗というのは1つ1つ違うものです。
良い苗、悪い苗というものが必ずありますので、良い苗を見極めることが
上手に育て、たくさん収穫する1つのコツになるのです。

これは、収穫して食べる部分である果実の元となっている部分は、
苗の中につくられて、花として咲くからです。
そのため、良い苗を選ぶというのが非常に大切になってきます。

苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

苗の選び方として重要なのは、葉っぱの大きさ・色・厚さや、
茎がどれだけ伸びているか、蕾がどのくらい付いているか、
病害はないかどうか、といったところです。

スポンサーリンク

根が健康で上部なことも大変ですが、抜き取ることが出来ないので、
土の表面を見て、固まっていないか、乾燥していないかを、
チェックするようにしてください。

最近は接木苗もたくさんありますが、接木苗を購入する場合は、
接合された場所が、きちんと修復されているかに注目してください。

キュウリなどといったウリ科のものであれば、双葉がしっかりと
付いていることなども、見極めのポイントとしてください。

キュウリ 苗

トマトやナスなどは、接木苗の作り方によって上の方でカットすることも
ありますので、上記のことは目安にならないので注意しましょう。

苗を購入したあとは?

鉢を4-5号のものに良い土を使って植え替えをし、育苗をします。
トマト・ナス・ピーマンなどの野菜は、花が咲く頃を目安として、
それ以降に畑に植え替えてください。

キュウリやスイカ、カボチャなどのウリ科は液肥を追肥して、
植えると良いでしょう。

レタスなどは購入後の育苗は必要ありませんので、畑に植え付けます。
葉の色が薄いようであれば、液肥を施して対応します。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

栽培環境で野菜の品質は変わる

野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。 葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。 肥料の管理が品質を大きく左右 …

no image

野菜の分類|食べる部分によって3つに分類

一般的に農業や園芸の分野では、食用となる草木性の植物(茎が木質でないもの)を野菜と呼びます イチゴ、メロン、スイカも草木性のため野菜として扱われます 日本では穀物であるトウモロコシを野菜として扱ってい …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

no image

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、 通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。 また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、 お互いをか …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

カテゴリー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。