初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

野菜苗の上手な選び方|苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

投稿日:

春は家庭菜園をしている人にとって大忙しの季節です。
園芸シーズンを迎えますので、園芸専門店や、ホームセンターなどでは
色々な野菜の苗が売り出されるのもこの頃です。
家庭菜園 苗

スポンサーリンク

特に高温性で育苗するのに、日数がかかってしまう野菜や、
自分で苗を育てるのが難しいと言われている作物まどは、
この時期に売られる、苗を使って栽培するのが一般的です。

しかし、この苗というのは1つ1つ違うものです。
良い苗、悪い苗というものが必ずありますので、良い苗を見極めることが
上手に育て、たくさん収穫する1つのコツになるのです。

これは、収穫して食べる部分である果実の元となっている部分は、
苗の中につくられて、花として咲くからです。
そのため、良い苗を選ぶというのが非常に大切になってきます。

苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

苗の選び方として重要なのは、葉っぱの大きさ・色・厚さや、
茎がどれだけ伸びているか、蕾がどのくらい付いているか、
病害はないかどうか、といったところです。

スポンサーリンク

根が健康で上部なことも大変ですが、抜き取ることが出来ないので、
土の表面を見て、固まっていないか、乾燥していないかを、
チェックするようにしてください。

最近は接木苗もたくさんありますが、接木苗を購入する場合は、
接合された場所が、きちんと修復されているかに注目してください。

キュウリなどといったウリ科のものであれば、双葉がしっかりと
付いていることなども、見極めのポイントとしてください。

キュウリ 苗

トマトやナスなどは、接木苗の作り方によって上の方でカットすることも
ありますので、上記のことは目安にならないので注意しましょう。

苗を購入したあとは?

鉢を4-5号のものに良い土を使って植え替えをし、育苗をします。
トマト・ナス・ピーマンなどの野菜は、花が咲く頃を目安として、
それ以降に畑に植え替えてください。

キュウリやスイカ、カボチャなどのウリ科は液肥を追肥して、
植えると良いでしょう。

レタスなどは購入後の育苗は必要ありませんので、畑に植え付けます。
葉の色が薄いようであれば、液肥を施して対応します。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

家庭菜園の連作障害

トマトやナス、ジャガイモなどを同じ場所で続けて栽培すると、 生育が極端に悪くなったり、枯れてしまいます。 この現象を連作障害といいます。 スポンサーリンク

家庭菜園 堆肥 使い方

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

耕起(耕うん)とは? 耕起というのは、畑を耕すことです。 クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。 スポンサーリンク 土のかたまりなどができないように、上手に砕くよう …

野菜つくり

栽培期間の短い野菜|家庭菜園で育てやすい品目

種まき、植え付けより、収穫期を迎えるまでを「栽培期間」と言います。 野菜の栽培期間は、その野菜によって大きく異なる部分となるため、 さまざまな野菜を育てる家庭菜園では、野菜選びの重要なポイントとなりま …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

カテゴリー

最近のコメント