初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

投稿日:

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。
それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、
知ることが出来ます。

スポンサーリンク

高温性野菜とは?

高温性野菜は、暑さに強い性質を持った野菜のことです。
トマトや、キュウリ、スイカ、エダマメ、ナスなどがその代表例です。

家庭菜園 トマト

⇒トマトの栽培特性
⇒キュウリの栽培特性
⇒エダマメの栽培特性
⇒ナスの栽培特性

一般的に春より栽培を開始することの多いこれらの野菜は、
熱帯地方を原産とすることが多く、原産地に由来した性質を持ちます。

スポンサーリンク

また、これらの野菜は寒さに弱い性質があり、気温が下がると、
生育出来ない状況となります。これを防ぐために、葉の表面に白い産毛
のようなものが生えている野菜もあります。

低温性野菜とは?

低温性野菜は、寒さに強い性質を持った野菜のことです。
ハクサイ、ニンジン、ネギ、ダイコンなどがその代表例です。

⇒ハクサイの栽培特性

⇒ダイコンの栽培特性

一般的に秋より栽培を開始することの大きこれらの野菜は、
温帯地方原産のものが多く、高温性野菜同様、原産地に性質が由来しています。

同じように暑さには弱い野菜となりますので、25度以上の気温となると、
生長が止まり、枯れてしまうこともあります。

品種によっての違い

高温性野菜、低温性野菜といいますが、生育限界温度は、
同じ野菜でも、品種によって防寒性、防暑性が多少変わることもあります。

育てやすいように品種改良は、日々行われていますので、
寒さに割と強いナスの品種や、暑さに割と強いダイコンの品種なども、多く出てきています。

比較的、寒冷地となる場所での栽培や、温暖地となる場所での栽培時は、
作る品種を温度を参考に決めるとよいでしょう。

⇒野菜つくりの難易度

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …

no image

家庭菜園で無農薬栽培で野菜を育てる方法|化学農薬を使いたくない場合

化学農薬というのは基本的に既になってしまった病気や、既に発生してしまった害虫を殺すために必要とする対症療法的なものになります。 普段から病気にかからないような工夫や、害虫が発生しないように心がけておけ …

no image

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。 また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。 種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となり …

no image

野菜の分類|食べる部分によって3つに分類

一般的に農業や園芸の分野では、食用となる草木性の植物(茎が木質でないもの)を野菜と呼びます イチゴ、メロン、スイカも草木性のため野菜として扱われます 日本では穀物であるトウモロコシを野菜として扱ってい …

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

カテゴリー

最近のコメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。