初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

投稿日:

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。
寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、
生育適温が15?20度となるのに対して、
暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト、エダマメなどは、
生育適温が20度?25度となります。

IMG_1611.JPG

⇒ダイコンの栽培特性
⇒ハクサイの栽培特性

⇒キュウリの栽培特性
⇒トマトの栽培特性
⇒エダマメの栽培特性

また、高温性野菜でも、スイカや、メロンとなると、
生育適温は25?30度となったり、それぞれ違いがあるので注意したいところです。

スポンサーリンク

■野菜は、生育適温にて育てることが重要

生育限界温度の、最低温度・最高温度の中で育てれば、
野菜を枯らさずに育てることが出来ます。

しかし、上記に記載した「適温」でなければ、美味しい野菜を収穫する事が出来なくなります。

トマトの場合、最低温度は2?5度ほどとなります。
最高温度は、35?38度となりますが、適温は20?25度です。

この範囲内で育てるのではなく、適温を守ることによって、
品質の良いトマトを収穫出来るようになるということです。

生育適温となるのが、生長の旺盛になる頃というのを目安とし、
種まきや、植え付けなどの時期を考えて行かなければなりません。

これが、種まきの適期が重要だとされる理由です。
美味しい野菜を収穫するためにも、守るようにしてくださいね。

■野菜を生育適温で育てるための、環境作り

野菜を育てる環境は、変えることが出来ます。
例えば、マルチングを作る、トンネル栽培をする、遮光をする、
寒冷紗を使うなどの方法があります。

⇒マルチングについて

上手くアイテムを使いながら、生育適温を保つようにしてあげると、
よりよい収穫をすることが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ベジタブルガーデンの作り方|ハーブや野菜だけでなく、草花も楽しめる

家庭菜園を使ったガーデニングが流行しています。このガーデニングの方法を使って作られた庭は、菜園ガーデンや、ベジタブルガーデンと呼ばれ、とても人気が高いガーデンスタイルです。 食べたい野菜は勿論ですが、 …

no image

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。 畑 …

no image

家庭菜園で作る野菜に必要な養分

 野菜が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。 ○多量要素(9元素)  炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシ …

no image

支柱立て|風で倒れたり、折れたりするのを防ぐ

家庭菜園の野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、風で倒れたり折れやすいものが多いです。  トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、葉菜類で …

野菜つくり

早生、中生、 晩生の意味は?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

野菜は、実に多くの種類があります。 更に、その野菜の1つの種類でも、さまざまな品種のものがあり、 その特徴や、味、育て方などに大きな違いがあることもあります。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント