初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 種まき 育苗

種から育てる野菜か苗から栽培するか

投稿日:

野菜栽培の始め方は、さまざまです。
種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、
育てる場合もあります。

多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。
また、この種というのは、コンビニなどでも販売されるようになりましたので、
さまざまなところから、入手が出来ます。

比較的、珍しい品種などである場合は、園芸の専門店や、
インターネット通販を活用してみると良いかと思います。

一般的に発売されている種は、F1品種という種の種類です。
生育が盛んであり、病気にも強く、一定の栽培期間をもって収穫出来るという、
家庭菜園にはぴったりな種類です。

一般的に苗より栽培をはじめるものの中には、苗の入手が難しいものもあるため、
そういった場合は、種より育て始め、苗を植え替える方法も取られます。

スポンサーリンク

種芋を使って栽培するのは、ジャガイモなどのイモ類です。
また、ショウガも、種ショウガを使って植えつけることが出来ます。
サツマイモに関しては、挿し苗を用いるのが一般的です。

■苗より栽培をはじめた方が良い野菜

栽培期間の長いトマトや、ナス、キュウリ、スイカ、メロンなどの、
果菜類は、育てるのが難しい野菜とも言われており、苗を購入して育てる
というのが、一般的です。

⇒トマトの栽培特性
⇒ナスの栽培特性
⇒キュウリの栽培特性

この場合に用いるのが、接木苗です。
これは、カボチャなどを台木としてそれぞれの野菜を接いだ苗となります。

接木苗は、本来の苗よりも、病気に強く生長が盛んになるので、
初心者の方でも、育てやすいと言えます

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 種まき, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

野菜の品種は、近年とても増えてきています。私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。 しかし、今はホームセンターなどでも気軽に …

野菜つくり

直播したほうがいい野菜|軟弱な野菜や直根性の根菜類

直播栽培は、畑・プランター・コンテナなどの土に直接種を蒔き、 そのまま収穫まで、生育させる栽培方法になります。 スポンサーリンク 栽培期間の短い軟弱な野菜や、ダイコンなどの直根性の根菜類は、 直播栽培 …

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

家庭菜園 トマト

暑さに強い野菜と寒さに強い野菜|高温性野菜と低温性野菜の違い

野菜は、低温性野菜と高温性野菜に分けられます。 それらは、各野菜の生育最高温度、最低温度を知ることによって、 知ることが出来ます。 スポンサーリンク

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

カテゴリー

最近のコメント