初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

畑を耕すことはどんなメリットがあるのか?|家庭菜園での耕うんのポイント

投稿日:

耕起(耕うん)とは?

耕起というのは、畑を耕すことです。
クワなどを使って、約30センチの深さまで良く土を掘り起こして反転させます。

土のかたまりなどができないように、上手に砕くようにしてサラサラになるようにします。
これを「砕土」といいます。

スポンサーリンク

畑を耕すことは、どんなメリットがあるのか?

・土のかたまりを取ることで、土の通気性を良くすることができます
・砕土をすることで、完熟堆肥や、土壌改良材、肥料を良く土になじませる事ができます
・水はけ、水持ちの良い土を作ることができ、根っこを上手に伸ばすことができます
・雑草や石などを同時に取り除くことで、土の中の不要なものをなくします

スポンサーリンク

耕起のポイント

雨の降った後などは、ぬかるんでいるだけでなく、土のかたまりがなかなか砕けません。
畑が適度に乾いている時を見計らって耕していきましょう。
できるだけ、土を砕くようなイメージでクワを入れて良くかき混ぜます。

耕起の時期は、秋?冬に行うのが1番良いでしょう。
風雨や、冷たい冷気に晒しておくことで土がかたまりにくくなり、
病害虫の防除や、雑草の予防としても役立ちます。

土壌改良について

耕起の際は、酸性化した土の調節のため、堆肥や石灰などを混ぜますが、
さまざまな石灰資材と、熔リン、窒素目的の堆肥などは一緒に入れないようにします。

それらを間隔を開けずに施すと、アンモニアガスが発生して、成分が逃げてしまいます。
そうならないためにも、石灰を必要とする際は、石灰を与えて2週間ほどした頃に、
堆肥などを与えるようにします。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこ

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存してい …

no image

種のまき方|種子の特性を理解して上手に発芽させよう

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

野菜つくり

種子が発芽しないのはなぜか?|休眠と芽が出る条件について

種が完熟し、発芽力を持つまでには、基本的に、 開花→受粉→受精→結実といった経過を経ることとなります。 スポンサーリンク しかし、野菜の種類によっては、普通に種を播いただけでは、 発芽しない場合もある …

no image

料理によって品種を選ぶのも家庭菜園の楽しみのひとつ

品種は、どのようにして食べるかによっても変わります。特にトマトや、じゃがいもなどに言えることですが、じゃがいもであれば、煮くずれしにくい煮込み料理に適したもの、そうでないものなどがあります。 トマトの …

no image

いい苗の選び方|苗選びが家庭菜園成功のコツ

苗を購入する時や、育苗後、定植に良い苗を選ぶポイントをまとめました。下記を参考に、良いものを畑に植えて、丈夫に育てて行きましょう。 ■育苗後の苗・市販されている苗の選び方 ・茎が丈夫に育っていて、しっ …

カテゴリー

最近のコメント