初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での畝の作り方|うねの立て方は、育てる野菜の種類によって異なります

投稿日:

種まきを行う時や、苗を植え付ける時に、畝を作る場合があります。
畝(うね)というのは、畑の土を列のように盛り上げたものになり、
広く畝を取る時には、ベッドなどの言い方をすることもあります。

畝を作るメリットは、日当たりや風通しを良くすることにあります。
また、畝を作ることによって、私たちが作業する場所と、野菜の植えてある場所
の境目を作ることができ、畑作業が楽になるというメリットもあります。

畝を立てる際の方向は、東西に立てるのが一般的ですが、
畑のスペースが確保できない場合などは、南北に立てることもあります。

また、背の高い野菜と低い野菜を同時に育てる時に、
背の高い野菜の影にならないよう、低い野菜を南側で育てるという方法もあります。

スポンサーリンク

畝幅は1条植え、2条植えなどの方法があり、野菜の種類により変わります。
畝と畝との間は、私たちが作業するスペースでもありますので、
大体30センチほどは開けておくようにするのが、望ましいです。

畝の高さにも、いくつか種類があります。
平畝と呼ばれる畝は、高さが5センチ?10センチ程度のもの、
高畝と呼ばれる畝は、高さが20センチ?30センチ程度のもののことです。

水はけの悪い土地では、高畝にすることで水はけを良くする効果を得れるなど、
それぞれに利点がありますが、一般的には、ほうれん草などの葉菜類は平畝、
ネギや、ダイコンなどの根菜類の場合は、高畝が適しています。

畝の作り方・立て方は、育てる野菜の種類によって異なりますので、
新しいものはその都度、畝についても調べるようにし、最も良い方法で、
育ててあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、 小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。 また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。 冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

no image

種子と光と温度の関係|好光性種子と嫌光性種子、発芽適温

野菜の種というと、ほうれん草やレタスのように、5度くらいの低い温度より発芽をしはじめるものや、スイカなどのように40度でも発芽するものなど様々です。 ほとんどの野菜の場合には、20度?25度くらいの温 …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

早生とか晩生ってどういう意味?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

種まき?収穫までにかかる日数のことを「栽培期間」と言います。同じ野菜でも品種により、日数の違いがあり、それぞれ早いものから順に、極早生種、早生種、中生種、晩生種、極晩生種となります。 一般的に、栽培期 …

カテゴリー

最近のコメント