初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での品種選び|トマトだけでも品種はたくさんあります

投稿日:

家庭菜園は、さまざまな野菜を育てることができる点にメリットを感じる人も多いと思います。
また、トマト1つにしても実にさまざまな種類の品種名がありますので、
作りたい品種までを考えておくと、更に楽しみが広がるのではないでしょうか?

野菜の品種は、季節やその産地、目的に応じて改良されてきています。
産地ではその環境に合った品質の改良が進み、病気にかかりにくい品種や、
調理をすることを目的とした品種なども作られています。

ジャガイモの品種を見ると、ポテトフライなどの揚げ物などに向いているもの、
カレーや煮物などの煮込みに向いている煮くずれしにくいものなどの品種があり、
使う用途によって、品種を変えることもできます。

スポンサーリンク

家庭菜園初心者にお勧めなのは、早生種です。
栽培期間の短い早生種は、それだけ病害虫の被害にもあいにくく、
手間を掛けることなく、育てることができます。

中級者?上級者にお勧めなのは、スーパーなどで見かけることのない品種、
変わった色の品種、伝統野菜などです。

購入して食べることのできない野菜を食べることができるというのは、
家庭菜園1番の醍醐味でもあります。

今は、園芸店やホームセンターだけでなく、インターネットを使っても、
苗や種を購入することができます。インターネット通販は、それぞれの産地の品種、
珍しい品種の野菜も揃っているので、購入しやすいかと思います。

また、どれを育てていいか、どんな品種があるのか分からない場合は、
種苗会社のカタログを取り寄せてみると良いかと思います。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ポイント6 同じ種類の野菜を連続で栽培するのを避けて輪作を心がける |家庭菜園の病害虫防除

同じ場所で同じ種類の野菜あるいは同じ科の野菜を作り続けていると病害虫のリスクが高まります(連作障害) ⇒連作障害にならないように野菜の科を覚えよう これは畑の土の中の微生物、養分のバランスがわるくなる …

no image

家庭菜園の種まき|種子の発芽特性を理解する

種子の特性を理解し、発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。 発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要で、発芽後は光、炭酸ガス、水分、養分によって生育が進みます …

no image

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。 育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コン …

no image

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。 畑 …

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

カテゴリー

最近のコメント