初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

野菜の品種の違い|家庭菜園で品種を選ぶポイント

投稿日:

野菜には、さまざまな品種があります。
トマト1つにしても、さまざまな形状のものや、種類があります。

また、栽培難易度が高いものの、収穫量が多くなるもの、
栽培難易度が低く育てやすいものの、収穫量が少なくなってしまうもの、
品質なども大きく、品種によって変わります。

更に、病害虫に強い品質なども続々と出てきているので、
それぞれの特性を把握しながら、野菜の品種を決定して行くと良いでしょう。

■品種を選ぶ際に、ポイントとなる部分

・病害虫に強いのか、弱いのか
・栽培日数はどのくらいかかるのか
・収穫量・収穫日数はどれほどになるのか
・品質はどうか
・栽培難易度が高いのか、低いのか
・暑さに強いのか、寒さに強いのか など

スポンサーリンク

インゲンマメには、つる性のものとつるなし性のものがあります。
また、細かく分けると、半つる性と呼ばれる品種もあり、品種選びが難しい野菜と言えます。

つる性のインゲンマメは、草丈が3メートルほどにもなりますので、
支柱を使った管理が絶対となり、誘引する手間がかかります。

しかし、収穫日数は130日?150日となり、長い期間に渡って、
安定した収穫量を得ることができるという特徴があります。

つるなし性のインゲンマメは、草丈は伸びても50センチほどです。
支柱を立てる必要がないので、コンテナ栽培なども可能です。

しかし、収穫日数は2?3ヶ月とつる性に比べて短くなっているので、
すぐに株が衰え、収穫できなくなってしまうというデメリットがあります。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での育苗方法|気候にあった栽培が基本

野菜は畑に直接種をまくものもありますが、苗を作って、その苗を畑に定植する方法もあります 家庭菜園をはじめてやる人は育苗よりもできた苗を買ってきて定植することをおすすめします 中上級者さん向けに育苗の説 …

野菜つくり

猛暑の時期の家庭菜園の水のやり方

水やりはうねの表面が乾いたら与えるのが原則です。 水のやりすぎは野菜の生育をかえってわるくさせてしまいます。 乾燥が続く、猛暑時の理想的な水のやり方は 朝早くと夕方の2回です。 朝のうちにあたえた水が …

家庭菜園 メロン

日照時間が少なくても栽培できる野菜|家庭菜園で野菜を上手に育てる光の条件

日当たりが良いことは、野菜を上手に育てるポイントとなります。 日当たりが良ければ、冬であれ、全体的に日光を浴びることが出来るため、 生長が良くなります。 スポンサーリンク

no image

種から育てる野菜か苗から栽培するか

野菜栽培の始め方は、さまざまです。種まき、種芋を使って育てる場合もありますし、発芽後の苗を購入して、育てる場合もあります。 多くの野菜の場合、種まきからでも育てることが出来ます。また、この種というのは …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

カテゴリー

最近のコメント