初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本 育苗

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

投稿日:

野菜の品種は、近年とても増えてきています。
私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、
品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。

しかし、今はホームセンターなどでも気軽に品種の違う苗を購入することができます。
それぞれの用途などを確認し、苗を購入して育てると良いでしょう。

■野菜の苗を購入して育てるメリット

・種まき?育苗までの管理が不要となりますので、自身の手で、
栽培する期間を短縮し、手間なく野菜を育てることができます。

・販売されている苗のうち、良いものを選んで購入することができる、
また、販売されている苗はほとんどが良い物であるため、
余分な苗を作らずに、必要分だけ購入することができます。

スポンサーリンク

・育苗後の苗を購入するということは、種まき?育苗完了までの期間、
畑をあけることができます。色々な種類の野菜を育てることができるので、
家庭菜園にとても向いています。

■苗を購入すれば、さまざまな手間が軽減できる

ナスやトマトの定植目安は、5月の上旬頃となります。
この頃に苗を植え付けるとなると、2月の寒い時期に種をまく必要があり、
温床や暖房などの設備を要する場合もあります。

こういった手間が掛からないのは、苗を購入する最大のメリットです。
初心者の方は特に、苗を購入してから定植するようにはじめてみてください。

■野菜の苗は、いつ頃買えるの?

野菜の苗は、それぞれの野菜の定植目安より早く出回り始めますので、
その分、小さな苗も良く見かけます。

その時は、購入後に少し育苗を行った後、目安となる時期に、
定植するようにして対応します。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ポイント4 株間を十分にとって風通しの良い環境を作る|家庭菜園の病害虫防除

野菜にはそれぞれの野菜あるいは品種ごとに適切な株間というものがあります 株の間隔が十分にあいていないと日当たりや風通しがわるくなり病害虫の原因となるカビが発生しやすくなります 野菜の苗を植えるときは、 …

ナス 苗

苗の植え付けのポイント|時間帯も天候や温度によって考える

苗の植え付けは、できるだけ風のない日に行います。 定植の適期を迎えたばかりの苗は、まだまだ丈夫とは言えず、 風の被害にも遭いやすいからです。 スポンサーリンク

no image

良い種の選び方|種袋の見方3つのポイント

ホームセンターやコンビニなどでも手軽に手に入れることが出来る種の袋ですが、裏側には様々な情報が掲載されています。 その中でも今日は3つのポイントに絞って、紹介したいと思います。 ・耐病性家庭菜園が初心 …

no image

野菜の生育温度|品目ごとに適した温度で育てるとうまくいく

野菜には、それぞれ生育に適した温度というものがあります。寒さに強く、秋蒔きをするダイコンや、ハクサイ、ネギなどの場合は、生育適温が15?20度となるのに対して、暑さに強く、春蒔きをするキュウリ、トマト …

no image

支柱の上手な使い方|資材を使って狭いスペースを有効利用

支柱などの資材を使えば、スイカやメロン、ヘチマなどの果菜類、サツマイモなどのつる性の野菜を、比較的狭いスペースでも育てることが出来ます。 どうしてもこれらの野菜を育てたいのに、スペースが足りないという …

カテゴリー

最近のコメント