初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の雑草対策 家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での畑の作り方|除草作業を行い、畑に余計なものがないように

投稿日:

家庭菜園をはじめる前は、必ず畑を綺麗にしておくことが必要です。
畑を綺麗にしておけば、その後の土のお手入れなどが格段に楽なものとなります。
できるだけ、いつも綺麗な状態を保てるようにしておきましょう。

畑を綺麗にするポイントは、まず、除草作業があります。
雑草などが生えている場合は、除草作業を行い、畑に余計なものがないようにします。

次に、石やゴミなどです。
前作の残りはもちろん、大きな石や、ゴミなどもできる限り取り除き、
畑を綺麗にしておいてください。

■耕うんの作業について

はじめて家庭菜園をはじめる場合や、耕うん後時間の経った畑は、
土が硬くなってしまっていることがありますので、畑を綺麗にした後は、
しっかりと土を耕しておくことが必要です。

スポンサーリンク

固まった土のかたまりをほぐすように、深さ30センチほどまで、
良く耕しておきます。

耕うん後は、平坦な土地となるように土を平らにしていきます。
こうすることで、肥料の配分が均等になりやすくなる、畝が作りやすい
などといったメリットがあります。

また、畝が真っ直ぐにできていると、定植などの作業もしやすく、
その後の資材の管理なども容易になります。

表面がボコボコの状態では、水はけが悪くなってしまうこともあるので、
畑を綺麗に耕した後は、整地しておくようにしてください。

はじめのうちは、作業も大変と感じるかも知れませんが、
この作業を怠らないことが、良い収穫を得るコツでもあります。
しっかりと行なっていきましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の雑草対策, 家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。 また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、 同時に行わなければなりません。 そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材で …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

家庭菜園の上手な管理の仕方|株間と光合成に必要な葉数を確保する

春から夏にかけて、野菜の生長は著しく伸びます。1日違うだけでも、凄く生長を感じる時期となりますので、野菜に応じて適切な管理をしてあげることが、元気な野菜の収穫とつながります。 ナスやピーマンなどは、1 …

野菜つくり

季節別の野菜栽培の難易度

春-夏に育てる野菜 難易度が初級の野菜 果菜類では、ゴーヤやミニトマト、オクラなどが簡単だとされています。 根菜類では、ジャガイモ、小かぶ、ラディッシュなどが初級です。 ⇒家庭菜園で育てやすい果菜類 …

キュウリ 苗

野菜苗の上手な選び方|苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

春は家庭菜園をしている人にとって大忙しの季節です。 園芸シーズンを迎えますので、園芸専門店や、ホームセンターなどでは 色々な野菜の苗が売り出されるのもこの頃です。 スポンサーリンク

カテゴリー

最近のコメント