初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園で種が余ることありますよね?|野菜種子の上手な保存方法

投稿日:

購入した種子が、余ってしまうことってありますよね。
小さな自家菜園であれば、良くあることだと思いますが、来年もこの種子を
利用するには、しっかりと貯蔵しておく必要があります。
新品種の物や、あまり出回ることのない種子、珍しい物などは、
特に大切に保管して、来年に使いたいと思うことかと思いますので、
今日は余った種子の上手な貯蔵方法について、紹介していきたいと思います。
まずはじめに知っておきたいのは、種子の寿命です。
タマネギの場合は、1年たつとほとんど発芽しなくなるのに対して、
ナスなんかの場合は、3年たっても発芽するものがあるなど長短の差があります。
いずれにしろ、放っておけば発芽率はどんどん低下しますので、
種子を良い状態で貯蔵しておくことが必要となります。
種子の発芽力が低下するのは、種子も呼吸をしているからです。
その呼吸によって、養分を使ってしまったり、病原菌が増殖したりするため、
時が経つにつれ、悪い状態になってしまうんです。
これを防ぐ方法は、湿度30パーセント以下の場所で貯蔵することと、
温度を低音に保つということがあります。
筒状の空き缶を利用すれば、誰でも簡単に貯蔵が出来ます。
予め、種子の入った袋ごと良く日光にあて、種子を乾かしておきます。
その後、お菓子などに入った乾燥剤とともに筒状の空き缶に入れて、
テープで完全に密封しておきます。
乾燥剤は多いほど確実と言えますので、乾燥剤はとっておき、
事前に準備しておくと良いでしょう。
冷暗所にそのまま貯蔵すれば、使用直前に缶から取り出すだけで、
来季も使うことが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園栽培の基本
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

寒冷地と温暖地で違う家庭菜園の品種の選び方

日本は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地・亜熱帯に気候で区分されます。高地や海沿いなどのケースがあるため、一概には言えませんが、北海道は全域が寒地となり、沖縄は亜熱帯に区分されます。 南関東のほとんどは、温 …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

no image

ベジタブルガーデンの作り方|ハーブや野菜だけでなく、草花も楽しめる

家庭菜園を使ったガーデニングが流行しています。このガーデニングの方法を使って作られた庭は、菜園ガーデンや、ベジタブルガーデンと呼ばれ、とても人気が高いガーデンスタイルです。 食べたい野菜は勿論ですが、 …

no image

早生とか晩生ってどういう意味?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

種まき?収穫までにかかる日数のことを「栽培期間」と言います。同じ野菜でも品種により、日数の違いがあり、それぞれ早いものから順に、極早生種、早生種、中生種、晩生種、極晩生種となります。 一般的に、栽培期 …

野菜つくり

種子の保存方法|余った種は貯蔵して来年の種まきに使おう

種まきの適期くらいに購入した種や、自家採種した種は、 そのシーズンに使い切れないこともしばしばあります。 家庭菜園は、全ての人が広いスペースを持っているわけではありませんし、 色々な野菜を育てたいとい …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。