初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

キュウリの栽培には2本以上の支柱が必要

投稿日:

枝に実を付ける野菜の場合には、かならずやっておくべき作業があります。
とくにキュウリなど、重たい実をつける野菜の場合には怠ってはいけません。

キュウリは成長すると2メートルの高さになり、キュウリの実は長さ20センチを超えるほど大きくなります。
キュウリ自体の幹や枝は、キュウリの実の重さを支えきれません。
もし支柱を立てないでいると、野菜は地面に実を横たえることになります。
そうすると地面で虫に食べられてしまい、しかも土に接しているので腐りやすくなり、せっかく実ったのに台無しです。

そこでキュウリを栽培すると、高さ1.5メートル程度の支柱を立てることが必要になります。
これはキュウリの実を守る措置であり、キュウリの幹が倒れないための対策でもあります。
支柱を立てることは、風対策としての役割として大きくなります。

スポンサーリンク

支柱は市販されている、家庭菜園用の1.5メートル以上の頑丈な園芸支柱が良いです。
または長く頑丈な竹であれば、まったく問題なく使えます。
支柱はしっかりと地面に深く刺し、2本以上の支柱を交差させて立てます。
そうしないと大きく高く育つキュウリの重みを支えきれません。

キュウリの場合、一本だけの支柱では重みに耐えられず、強風が吹くと倒れる危険が高いです。
支柱は必ず横組みも行い、強度を高めるようにします。
支柱を立てたら、支柱と野菜をヒモでしっかり固定します。
キュウリは上に伸びていくように、位置を調節することも必要になります。

キュウリの苗木の数が多いのであれば、大規模な支柱を組み立てましょう。
しっかり地面に刺した縦の支柱を4本以上、横にも支柱を何本も組み合わせ、ヒモで固定して野菜棚を作ります。
野菜棚は頑強な構造であり、強風にもキュウリの重みにも耐えるものとなります。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ベランダでミニキャロットをプランター栽培

実家の庭では何種類もの野菜を育てていました。 水やりや間引きのお手伝いをし、少しずつ変化していく 野菜を観察しながら収穫時期は楽しいです。 実家を離れ一人暮らしになりマンションに住むようになったのです …

no image

家庭菜園で伏見とうがらしを栽培しました

京都の人なら誰でも知ってる「伏見とうがらし」、 京の伝統野菜の一つです。 細長い形をしてるところから「ひもとう」ともいわれます。 名前は「とうがらし」となってますが、一般のとうがらしとは別物で、 風味 …

no image

日当たり悪くても育つ野菜|ネギ、ミツバなど

最近、家庭菜園がブームになっています。 安心安全な野菜を口にした人たちにとって、 野菜作りはとても重要になってきます。 しかし野菜作りはきちんと知識をもって臨まなければ、 良い収穫ができずに終わってし …

no image

家庭菜園の楽しみ方/収穫した野菜でバーベキュー

市で貸し出している農園を借りて家庭菜園をしています。 年間6000円と格安で畑が借りられるので、2区画借りました。 意外と借りてが少なくて、市役所に勤めている 奥さんからのお願いもあって始めたのですが …

no image

キッチンで育てるバジル栽培

バジルは、古代ギリシャの頃から貴族などに 愛用されていた野菜であり、かつては「王様のハーブ」とも呼ばれていました。 そういったバジルですので、ヨーロッパでは広く栽培されており、 バジルなしでは作れない …

カテゴリー

最近のコメント