ホーム » みんなの家庭菜園体験談 » 家庭菜園でのピーマンの楽しみ方

スポンサードリンク

家庭菜園でのピーマンの楽しみ方

夏野菜の一つ、ピーマン!
ピーマンと言えば、緑色が一般的ですよね。
パプリカになると、赤、黄、オレンジなどありますが、
日本のピーマンは緑です。

昨年、赤ピーマンというものをスーパーで買いました。
パプリカじゃなくて、赤ピーマンはピーマンを完熟させたものです。
食べてみたら、甘くておいしい!とびっくりしました。完熟させることで、
苦味がなくなり甘みが増すんですよ。
一般的に売っているのは緑なので、
完熟した赤いピーマンが食べたくて育ててみました。


住んでいる地域にもよると思いますが、
十分に気温が上がってくる5月中旬が夏野菜の苗の植え付け時期です。
ピーマンは高温を好む夏の野菜なので、
十分に気温が高くなってから植えつけたほうがうまく育ちます。

ピーマンは多湿を嫌うので、水はけのよい土に作っておきましょう。
畑なら、うねを高くする。プランターなら
メッシュ付きの底か発砲スチロールや鉢底石を敷き詰めておきます。


苗を買うときは、小さな苗よりも花が咲きそうな
大きく育った苗のほうがうまく育てやすいです。


ピーマンは肥料が好きなので、肥料切れをおこさないように気をつけましょう。
良い苗を手に入れたら、定植です。
苗を植えたら支柱をたててあげましょう。


一番最初に実ったピーマンは株を弱めないように、すぐに取り除いてしまいます。
次々と花を咲かせますので心配しないでくださいね。
ピーマンの収穫は、開花から2週間ほどです。


緑色のピーマンを食べるときは、このタイミングで収穫してしまいます。
赤ピーマンは、株が弱るので最後の方で完熟させないといけません。
心待ちにしていた完熟ピーマン!
秋になるころに色づき始めるピーマンは、甘くておいしいですよ。

スポンサードリンク

関連記事

Return to page top