ホーム

スポンサードリンク

家庭菜園でジャガイモ栽培

家庭菜園ではじめてジャガイモを作りました。
カインズホームで販売されている
1ネット¥298程度の種イモであるキタアカリを購入し、
3月に植え付けをしました。

春植えだと種イモをカットしてから植え付けをすると
種イモが腐らなくていいとききましたが、
種イモ自体が小さ目だったので
そのまま植え付けしてしまいました。


土づくりにはかなりこだわり、
シャベルで深さ50cmを耕し、
石が多かったので土用のふるいで
土をふるってさらさらにしました。

さらに苦土石灰を適当に少々混ぜて、
さらにカインズホームで種イモと同時購入した
じゃがいもの肥料を使い方に従って
土に混ぜておきました。

畝は幅60cm?70cmで深さ15cmほどの溝を作りました。
2mくらいの幅で3畝でちょうど1ネット分くらいでした。
植え付けは畝づくりをした一週間後くらいがいいそうなので、
そのとおり一週間後に行いました。

畝の溝に20cmくらいの感覚で種イモを置き、
6-7cmくらいは土がかぶるように土をかけ、
あとはならして終わりです。


土壌づくりはかなり大変でしたが、
あとはお水を一日一回まくだけなのでとても簡単です。

梅雨時期もあるため、あまり水遣りをしすぎると
種イモが腐ってしまうようなので、
梅雨時期は水遣りもしないでほったらかしでした。

だんだんジャガイモの茎と葉が伸びてきて花も咲き、
とにかくぼーぼーになってくるので
間引いたほうがいいところは間引きをして、
少し風通しと日当たりをよくしてあげて、
あとはほぼほったらかしにしていました。

そのうちジャガイモができているのがわかります。
なぜかというと、雨や水遣りでまだ緑色の新じゃがが
むき出しになって見えているところがでてくるからです。

むき出しになったところはこまめに土をかけて埋めました。
だんだん今度はじゃがいもの葉や茎が枯れてくるので、
日照りが3日くらい続いた後に収穫をしました。

もちろん小さいコロコロのじゃがいももありましたが、
こんなに手をかけないで育てたのにもかかわらず、
売っているサイズのジャガイモがごろごろ収穫できました。


味も濃くてもちもちの感じで売っているよりも
断然美味しかったです。
また今年も春植え付けに挑戦したいと思います。

ベランダで枝豆の栽培

ベランダで枝豆を育ててみました。
今まで植物は全く育てたことがありませんでした。

しかし、産休に入り毎日時間がたっぷりあったので、
何か育ててみようと思い、花より団子ということで
大好きな枝豆を選び5月の終わり頃に始めました。

アパートのベランダなのでとってもせまく、
細長いプランター2つが精一杯な感じでした。

枝豆の種を買ったら、たくさん入っていたので、
無知だった私は一つのプランターに4つ等間隔に撒きました。


毎日水を撒き、二週間くらいで目がでてきました。
力がない子は種の殻を突き破ることができず、
葉っぱがうまく開けない様子だったので、殻をとってあげました。

殻を取らなかった芽はそのまま成長しなかったので、
取ってあげた方が良さそうです。

どんどん伸びて行きましたが、
30cmくらい伸びたところで成長が止まり
ヒョロヒョロだったので、間引きして
一つのプランターに2株にしました。


そして、豆状の肥料を根の周りに置くと、
また成長し始めて葉っぱも大きくなってきました。

1ヶ月過ぎると小さい房が幾つかできてきて、
2ヶ月過ぎには第一弾を収穫しました。


実はスーパーで売っているほどパンパンではなかったので、
第二弾は少し我慢して3ヶ月目くらいに収穫しました。
第一弾より実が詰まっていておつまみ一回分くらい収穫できました。

全部で4株あり、おつまみ一回分くらいの量を3回収穫できました。
種を撒く日を1週間ずつずらしたら、いい間隔で収穫できると思います。

プランターでプチトマト栽培に挑戦

家の南側がとても日当たりが良く、
何か作らない手はない!と思い、
プチトマトを栽培してみました。

南側はガレージなので、本当は地植がしたかったのですが、
コンクリートのためできず、プランターで栽培することにしました。

コーナンでトマトの苗、土、プランターを購入し早速植えてみました。
夏はとても暑く、土がカラカラに乾くのでよく水をあげていました。
人によってはあまり水をあげすぎない方が甘い実ができると言うので、
初めは少し控えていました。

でも、葉っぱが茶色く枯れてしまうので結構あげてしまいました。
そのうち大きくなってきて、添え木をしました。

一つのプランターに3つの苗を並べて植えたのですが、
ちょっと狭かったようでした。

おまけに、思った以上に高く伸びてきたのでビックリしました。
そのうち青い実を付け出し、だんだんと赤くなってきました。

出来るときは一気に出来てくるので収穫せずに放置してしまい
腐ってしまった実も多くあり、もったいなかったです。


早速食べてみると、皮が硬くておいしいとは言えませんでした。
トマト嫌いの息子のために作ったのですが、逆効果です。
栽培し終えて土の処理も大変でした。


何が原因なのかはわかりませんが、
おいしいトマトを作るのは難しいということが分かりました。


結果として、手間暇をかけた割には味もおいしくなかったし、水やりも面倒だったし、
土の処理も大変でしたので、多分もうしばらくは野菜の栽培はしないと思います。

Return to page top