ホーム

スポンサードリンク

コンパニオンプランツで農薬を減らす|トマト、ナス、キュウリと相性のいい組み合わせは?

せっかく家庭菜園をするなら農薬や化学肥料を使わずに、安心・安全な野菜を育てたいですよね。
でも、虫食いだらけのキャベツばかりでも悲しいですね。


私は、コンパニオンプランツを活用しています。
コンパニオンプランツとはある野菜と相性の良い野菜や植物のことです。


例えば、トマトやナスにはバジルが相性がよいです。
バジルのあの独特の臭いを虫が嫌うようです。
テントウムシダマシというテントウムシに似た虫がいるのですが、
この虫がナスにつくと、ナスの皮にキャタピラ模様がついてしまいます。
でも、バジルを混植しておくと虫がつかないで、きれいなナスができます。


キュウリには長ネギが相性良いです。
キュウリの根とネギの根がくっつくように一緒に植えると、
キュウリが病気にかかりにくくなります。
ネギから何か物質が出るそうです。


私は毎年、キュウリと長ネギを混植しています。
すくすく育って、たくさん実がなります。
収穫後半にはどうしてもうどん粉がでますが、
ネギと混植するほうがうどん粉病にもなりにくいように感じます。


秋に大根をつくるのですが、その前に夏の段階でマリーゴールドを植えておきます。
マリーゴールドは大根の大敵の線虫を防ぐ効果があると言われています。
ホームセンターなどで100円くらいで帰るので、何鉢か買って、大根の種をまく畝に植えておきます。


マリーゴールドの根から線虫を寄せ付けない物質が出ているそうなので、
秋にそのまま畑にすき込みます。
そこに大根の種を蒔けば、きれいな大根が育ちます。

オクラ栽培に挑戦しました

妻と家庭菜園を始めました。私達は夫婦でオクラを育てる事にしました。
私達夫婦は家庭菜園初心者です。


オクラは、アフリカ原産の野菜で暑さに強い野菜です。
プランターや露地栽培で育てる事が出来、丈夫な野菜なので初心者でも比較的簡単に育てる事が出来る野菜です。
オクラはアフリカ原産の野菜ということもあり、高温を好む野菜です。反対に寒さには弱い野菜です。
よく育つ温度は20?30℃です。


プランターで育てる場合、背丈が高くなるので、支柱を立てると良いと思います。
そうすると、根がしっかり張る事が出来ます。
またプランターを購入する際、標準のプランターより深型のプランターを購入した方が良いと思います。


オクラは根を深く張る性質がある為、30cm以上の深さが必要になります。
浅いと背丈が高くなると倒れやすくなるので、注意が必要です。
また、オクラは成長が早いので実が柔らかいうちに収穫するのがポイントです。


私達夫婦は、露地栽培ではなく、プランターを使って育てました。
オクラの背丈はとても高く伸びました。支柱がないと、茎が曲がってしまいます。
根をしっかりはらせる為にも、支柱を立てる事に重点を置きました。


オクラは、夏バテや食欲がないときにおすすめの食材です。
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。
またオクラには、独特の粘りがあるのが特徴です。


オクラが収穫の時期になり、夫婦一緒に収穫しました。
自分達で育てた野菜なので、安心して食べる事が出来ます。
収穫したオクラは、妻に調理してもらい美味しく頂きました。
今度は、別の野菜にも挑戦してみたいです。

カブの育て方|育てやすい品種聖護院大丸カブ

カブはスーパーで買うと意外と高く、中々手に入らないという方が多いですが、自宅の庭やプランターに撒いておくと簡単に栽培する事が出来るので人気があります。


特に、時無し小蕪は春から秋までいつでも蒔く事が出来るので人気の品種です。
漬物にしても甘くてカリカリしてて美味しいですし、病気にも強いので多くの方が栽培をしています。
カブの魅力は、種を蒔いてから収穫するまでが非常に早い事です。
最短で1ヶ月程度で食べる事が出来るまで成長してくれますし、手間が掛からずに良いと話題になっています。


カブは特に肥料を必要としない品種なので、ホームセンター等で売られている一般的な土でも十分に育ちます。
水遣りについても土が乾いたらやる程度でも成長しますし、特に注意が必要ありません。
より大きなカブを育てたいという方向けに、聖護院大丸カブという品種があります。
一般的なカブのサイズよりもふた回り以上大きいですし、食感が強く煮付けや漬物に最適です。
顔以上に大きくなる品種なので、育てていて非常に楽しいですし、食べごたえがあって人気の品種です。


カブは温暖な地域から、寒い地域まで栽培されている野菜で、気候を選ばないのも良いです。
トウ立ちがしづらく長く収穫出来ます。
カブの良い所は、小さいうちに収穫すると小カブとして、大きくなるまで育てると大カブとして収穫出来るので、自分の好みの時期で収穫する事が出来る点です。
小さいお子様でも簡単に育てられるので、始めてみると良いです。

Return to page top