ホーム

スポンサードリンク

ナスの実がならない失敗をなくしたい

家庭菜園で野菜作りを始めて5年が経っていますが、
年々収穫が細ってしまいどうしても
上手く収穫までにこぎつけないのがナスです。

ナスの苗を植えてから暫くして花は咲くのですが、
それが実となって大きく育ってくれないのです。

結局親指位の小さな塊となるぐらいで終わってしまうのが多く、
普通の大きさのナスになってくれるのは1本の苗から幾つもとれません。

そして苗の葉も早くしおれてしまい収穫時期もとても短く
それが何故なのか分かりませんでした。

それで今年は畑を借りて野菜を本格的に作っている人や
農協の直売所へ行って教えて貰ったりしました。

昨年は自家製堆肥作りにも挑戦してみました。
庭に深めの穴を掘って台所で出た野菜のクズや果物の皮、
お茶がらや庭の枯れ葉等をためておきました。

春先になって土を掘り起こして空気を入れて
土を柔らかくする時に、作った堆肥も一緒に入れて
よく耕してみました。

素人なので完璧ではありませんが、
自家用なので農薬や化学肥料は使いたくありません。

直売所でもう一つの大事なことを教えて貰いました。
それは毎年同じ場所に同じ種類の苗を植えては
いけないという事でした。

そんなことは全く知らず苗を買ってきては、
いつもの場所に植えていたのです。

同じ場所だとその苗にだけつく虫が土の中に
残っていたりするとかで、他の野菜と
植える場所を変えることにしました。

今年も農協の直売所で野菜の苗が販売されていますが、
元気そうなナスの苗を買ってきて植えました。
今年こそはしっかりと収穫の喜びを味わいたい
と思い今から期待しているところです。


空き地を開拓して家庭菜園に

数年前の事ですが、私の家に空き地があり
雑草が生えていて藪地になっていたのです。

私はそこを開拓して畑にしようと考えたのです。
田舎なので家の周りは我が家の土地です。
すでに母が畑にしていたのですが、
母一人では手に負えない広さでしたので
私も畑をする決意をしたのです。

まず初めに雑草を鎌で刈り取り、それから鍬で耕し、
最後に小石を取り除く作業から行ないましたが、
みみずが出たり虫に食われたりして大変なのです。

ある程度平地にしそこから更に鍬で畝を作ったのです。
畝にするには栽培しようとする野菜によっては高さが異なり、
私は菜っ葉ものを植えたかったのでさほど高低差を付けませんでした。

ホームセンターで種を探しましたが、
キャベツや白菜は難しそうでしたので
サラダ菜の種を購入したのです。

肥料を交え畑らしくなったところで、
細かいサラダ菜の種を捲き
上から土を被せ水を掛けました。

母から、最初は眼が出るまでは毎日水をやりなさい
と教えられていたので、1週間ほどは朝晩の水やりを怠りませんでした。

雨が降った日は、水やりをしなくて良いのですが
まだ種を捲いて間もなく雨が降った日は
流されやしないかと心配になったものです。

1週間経ち、芽らしきものが出てきて、
翌日も成長を見ていました。
1か月ほどで、サラダ菜らしくなってきて
少し食べてみたのです。

そのままでは味はしませんので、
マヨネーズか何かを掛けて食べてみましたが
美味しかったのを覚えています。

さすがに毎日食卓に並ぶと飽きるので、
2?3日置きに食べたのです。サラダ菜は、
初めて畑をしようと考えている人にでも
手軽に出来るのでオススメだと思います。

プランターでも出来るので土地がなくてもできます。

子どもと一緒に小松菜栽培

子供が幼稚園に入園して、自分の自由な時間が増えたことと、
子供の食育にいいかなと思い、家庭菜園を始めました。

庭もそれほど広くないですし、
素人なので、簡単なものから始めようと思い、
ホームセンターやインターネットなどで
情報を収集してから家庭菜園を始めました。

比較的簡単なのは、夏野菜全般だということで、
夏に収穫できる野菜をいくつか作ることにしました。

中でも、子供も喜んで、一緒に育ててくれるのは、
小松菜です。小松菜は、色々な料理にも使えますし、
簡単に栽培、収穫できるということから作りました。

プランターではなく、花壇で作っています。
花壇の土を、野菜を作るための土に変え、
その中に、野菜用の肥料を入れて、混ぜて、畑を作りました。

大きさにすると、30センチの正方形くらいの畑です。
そこへ、小松菜のタネをまきました。

丁寧に撒くと言うよりは、大雑把に種を散らばしてしまうという感じです。
それで、最後に、上に土をさらっとかけてあげるくらいで、
種まきは終了しました。花壇は、日がよく当たる場所にあります。

朝から夕方までどの時間でも、日が当たっている場所です。
土が乾燥しすぎてもいけないので、水やりは、
朝夕の二回行いました。けっこうたっぷりめにかけるようにしてあげます。

たっぷりめにかけているつもりでも、
日がよく当たるので、すぐに土が乾燥してしまいます。

そのようにしていると、すぐに葉が出てきて、
2週間くらいで、食べられるくらいの小松菜になります。
花壇の小さめなので、小松菜も小さめに収穫してしまいます。

肥料は、最初に土に混ぜる以外は足していません。
種を撒いてからは、水やりだけで簡単に育ちます。

Return to page top