ホーム

スポンサードリンク

モロヘイヤの芽が出ない|4月の種まきは早すぎ?

4月始めにはじめてモロヘイヤの種を蒔き、
発芽をするように温室に入れて様子を見ていました。
元来暑い所の植物でもあり袋にも高温を好む野菜とういうことですが、
今年の天候不順もあってか芽を出してくれません。
半月以上が過ぎても芽を出さず、どうやら種まきは失敗したようです。

モロヘイヤはエジプトを中心として栽培されている1年草の野菜です。
王の難病を治したであるとかクレオパトラも好んで食べていたと言われる、
健康効果が高いとも言われている野菜です。

その栄養成分は、カルシウムやビタミンや抗酸化作用のある
ケルセチンを含む野菜であり、ムチンという
粘り気のある成分を持つのを特徴とします。

しかし、日本でも縞綱麻(シマツナソ)、台湾ツナソ、
ナガミツナソ、ジュートなどと呼ばれているといい、
ジュートという繊維植物の名前には聞き覚えがあります。

しかし、食用としてのモロヘイヤとして
日本に入ってきたのは1980年頃であり、
健康野菜として知られるようになり、
その葉っぱをオヒタシや天ぷら、
粉末をクッキーやスープにするといいます。


又、栄養価の高い健康野菜ながら栽培も
それほど難しくないと聞いており、
病害虫や連作障害も少なく暑さや
乾燥にも強い野菜といいますから、
昨今の日本の夏に向いていそうです。

注意としては肥料が切れると茎が硬くなるとか、
50cmほどに高さおさえ摘心して脇芽を出させ、
柔らかい葉を摘み取るといいます。

さすがに気温も上がってきた4月下旬ともなれば
大丈夫ではないかと思いますが、
第二弾の種まきをしてみることにし、
無事に発芽してくれる事を願うばかりです。

プランターでフルーツトマト栽培

自宅で簡単に家庭菜園を行うには、
プランターを活用すると良いと思います。
初心者でも簡単に家庭菜園に挑戦する事が出来ます。

プランターを上手く活用して、
ベランダ菜園を楽しむ事が出来ると思います。
アパートやマンション住まいの人は、
庭がない家庭の人も少なくないと思います。

そんな家庭の人は、なかなか家庭菜園を楽しむ事が
難しいと思っている人が多いのではないでしょうか?

そんな人でも、簡単に始める事が出来るのが
プランターを使ったベランダ菜園だと思います。

プランターで簡単に育てられる野菜として、
ミニトマト、ラディッシュ、サニーレタス、
小松菜、ニラ、葉ネギ、しそなどがあげられると思います。

私は、プランターを使ってミニトマトを育てる事にしました。
ミニトマトは、病気に強い野菜で栽培しやすく初心者でも
育てやすい野菜です。

またミニトマトは、ビタミンC、カロテン、リコピンなどの
豊富な栄養素を含む野菜です。

太陽の光が大好きな野菜なので、
日当たりの良い場所に置くとよく育ちます。

プランターを選ぶ際は、プランターは
できるだけ大きめな物を選ぶと良いです。

小さめな物を選んでしますと、根が詰まってしまって
成長が止まってしまう原因になります。

ミニトマトも色々な品種が売られています。
色や形も豊富です。

色も赤だけではなく、黄色やオレンジなど様々です。
形も丸い物だけではなく、
卵型やイチゴ型などの可愛らしい形の物を多くあります。

そのようなトマトをフルーツトマトと言い、
一般的なトマトに比べて甘いトマトになっています。

プランターを使ったベランダ菜園は、
自分で栽培している野菜なので安心して食べる事が出来ます。
また、採りたてで新鮮な野菜を毎回食べる事が出来る点も
魅力の一つだと思います。

シルバーマルチを桃太郎トマトの栽培で上手に使う方法

夏に向かって暑くなりだしたこの頃、
家庭菜園でも夏野菜の栽培が本格化しています。

夏野菜には、ナスやキュウリと言った
様々な種類の野菜がありますが、
今回はトマトの代表的な品種である
「桃太郎」の栽培知識についてお話をします。

桃太郎は、見た目・味・甘さが日本人好みに改良された品種で、
スーパーで販売されているトマトの多くが桃太郎の系統です。

そんな大人気の桃太郎を家庭菜園で栽培し、
甘くて美味しいトマトにするには、様々な工夫が必要になります。

その中でも、特に重要なポイントを挙げると、
まず日当たりが良く、水はけの良い畑を選び、
そこに高い畝を設け、その畝に太陽光がよく反射する
シルバーマルチを敷き、その上でトンネルハウスを設けます。

これは、トマトが比較的乾燥した環境を好む為で、
日本の夏場の多雨多湿な環境は、病気を発生させたり、
果実の裂果を招く原因になるのです。

その為、栽培をする場所と環境の設定が重要になります。
シルバーマルチを敷いたのにも訳があり、
トマトが赤く熟する為にはリコピンの生成が欠かせませんが、
リコピンを生成するためには、太陽光に含まれる特定の光が鍵を握っているのです。

その為、トマトの果実全体が万遍なく赤くなり、
糖度や旨み成分を高める為にも、太陽光の反射素材である
シルバーマルチが大切になってくるのです。

トマトは乾燥した環境を好むと書きましたが、
苗の成長期と果実が膨らみ始める頃には、
ある程度の水分が必要になるので、
朝か夕方のどちらかでもよいので、
1日1回は水やりをする事も重要になります。
(但し、雨の日の水やりは避けるべきです)



Return to page top