ホーム

スポンサードリンク

シルバーマルチを桃太郎トマトの栽培で上手に使う方法

夏に向かって暑くなりだしたこの頃、
家庭菜園でも夏野菜の栽培が本格化しています。

夏野菜には、ナスやキュウリと言った
様々な種類の野菜がありますが、
今回はトマトの代表的な品種である
「桃太郎」の栽培知識についてお話をします。

桃太郎は、見た目・味・甘さが日本人好みに改良された品種で、
スーパーで販売されているトマトの多くが桃太郎の系統です。

そんな大人気の桃太郎を家庭菜園で栽培し、
甘くて美味しいトマトにするには、様々な工夫が必要になります。

その中でも、特に重要なポイントを挙げると、
まず日当たりが良く、水はけの良い畑を選び、
そこに高い畝を設け、その畝に太陽光がよく反射する
シルバーマルチを敷き、その上でトンネルハウスを設けます。

これは、トマトが比較的乾燥した環境を好む為で、
日本の夏場の多雨多湿な環境は、病気を発生させたり、
果実の裂果を招く原因になるのです。

その為、栽培をする場所と環境の設定が重要になります。
シルバーマルチを敷いたのにも訳があり、
トマトが赤く熟する為にはリコピンの生成が欠かせませんが、
リコピンを生成するためには、太陽光に含まれる特定の光が鍵を握っているのです。

その為、トマトの果実全体が万遍なく赤くなり、
糖度や旨み成分を高める為にも、太陽光の反射素材である
シルバーマルチが大切になってくるのです。

トマトは乾燥した環境を好むと書きましたが、
苗の成長期と果実が膨らみ始める頃には、
ある程度の水分が必要になるので、
朝か夕方のどちらかでもよいので、
1日1回は水やりをする事も重要になります。
(但し、雨の日の水やりは避けるべきです)



豆苗の育て方|自宅で種から育てる方法

えんどうの収穫は、一見難しそうに見えるのですが
実は非常に簡単で家庭菜園愛好家から
親しまれている野菜です。

特に、種から撒いて育てても十分に成長しますし、
毎日多くのツルが伸びていくので成長を見るだけでも
楽しむ事が出来ます。

えんどうはツルをネットに伸ばせば
グリーンカーテンが出来る事でも有名です。

窓際でえんどうを育てる事で、緑のカーテンが出来て、
太陽光を防ぎ、家に熱がこもらない様にしてくれる
役割があるので便利です。

特に、育て易い品種として知られているのが、
つるありスナックえんどうという品種です。

気候を選ばずに北海道から九州まで収穫する事が出来ますし、
種を蒔いてから収穫までが早くいのが人気の理由です。

実を収穫するえんどうとして人気なのが、
ウスイ実取りえんどうという品種です。

えんどうは実を育てるとグリーンピースとして
収穫する事が出来るので、ピラフ等の料理の
アクセントとして入れる事が出来ます。

えんどうは思った以上に大量に出来てしまうので、
収穫が遅れてしまった場合も種を収穫する事が
出来るので良いです。

えんどうの種は、収穫してキッチンペーパーの上に
置いておくと豆苗として収穫を楽しむ事が出来ます。

豆苗とは、カイワレ大根の様な野菜の事で、
えんどうの新芽を食べる事が出来ます。

豆苗にはビタミンやミネラル、酵素が豊富なので
美容や健康にも良いと注目されている野菜です。
誰でも簡単に栽培が出来るので、一度始めてみると良いです。


枝豆を定植するときの株間

毎年の事ですが5月の連休が近づいてくると、
そろそろ家庭菜園の苗もチラシにちらほらのるようになり、
今年はどの苗にするか?どこの店で買うか?
苗の値段はどうか?高いのか?安いのか?
と頭を悩ますに時期になりました。

これは毎年の行事みたいなもので、楽しみでもあります。
育てる楽しみもありますが、食べる楽しみもあります。

夏に食べる物として代表的な物として『枝豆』があります。
枝豆の品種として『いきなまる』と言うのがあります。
ほんのりした香り、粒のそろいも良く食べた時の味も良いです。

早生品種の為おおよそ3ヶ月ほどで収穫できるので、
家庭菜園向けには良い品種だと思います。

密林栽培(株間15?間隔ぐらい)した方が樹が伸びて
よく育ち収穫量も増える品種なので沢山植える事出来ます。

もちろん家庭菜園初心者にお薦めできます。
簡単ですし収穫量が多い方が育てがいもあります。
ただし、農作物です。

当然工業品の様にすべて同一品質・管理が出来ており、
問題無く誰でもどんなん事があっても
100%育成し収穫出来ると言う事はありません。

どれでも同じ苗に見えますが、
苗によってはアタリ・ハズレがあり、
育て方・土の条件・場所・日当たり・天候などの
自然条件に左右される事があり、育成も収穫も
家庭菜園する人の数だけ答えが違います。

収穫できる場合もあれば、
今年は収穫出来なかったと言う時もあります。

家庭菜園と言えども奥が深いものです。
毎年答えが違うので不安でもあり、楽しみでもあります。

Return to page top