初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ベランダ菜園 家庭菜園の土作り 家庭菜園栽培の基本 種まき 肥料・堆肥 育苗

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

投稿日:

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。
ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に
おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。

培養土・赤玉土・腐葉土、それぞれの特徴は全く異なり、
その使い方も異なりますので、それら3つの土についての知識を持ち、
自分の菜園に必要な土は何かを理解しておきましょう。

スポンサーリンク

■培養土の特徴

培養土というのは、既に配合が済んでいる土のことです。
あらかじめ、肥料などがブレンドされているものなので、非常に安心です。

最近では、花類のそれぞれの品種に適した専門の培養土なども、
販売されており、より、初心者でも購入しやすくなりました。

化成肥料が使われていることもありますので、その成分を良く確認し、
納得した上で購入をするようにしてください。

また、培養土は自分でブレンドして作り出すことも出来ます。
その際にベースとなっているのは以下の土です。

・黒土
関東地方に良く見られる黒っぽい土の事で関東ローム層の表層です。
水持ち・肥料持ちが良いだけではなく、有機質にも富んでいるので、
培養土の基本用土として良く使われているものです。

・赤土
関東地方に分布している火山灰土壌の深さ30センチほどにある土で、
培養土の基本用土となっている1つです。
山登りの際など、ふかふかな土を踏んだことがありますよね?
その下にあるのが、赤土です。

・鹿沼土
鹿沼とは地名のことで、栃木県鹿沼市あたりにある土のことです。
下記に記載した赤玉土と同じような性質を持った土ではありますが、
赤玉土と比べて、酸性が強いという特徴を持ちます。

・赤玉土
赤玉土にも種類があり、大粒・中粒・小粒の3タイプがあります。
赤玉土の特徴としては、水はけの良さが良く挙げられますので、
プランターなどの下層として、培養土に混ぜるなどの使い方がされます。

このように土には色々な種類がありますので、栽培する作物に合わせ、
自分自身でブレンドすることが出来るようになると、更に、
家庭菜園を楽しむことが出来るのではないでしょうか?

また、古くなってしまった鉢・プランターの土に土壌改良材を、
新たにブレンドしてあげることで、再利用をすることも出来ます。

色々な応用が効くものでもありますので、ひと通りの家庭菜園の方法を
学んだ後は、土について学んでみるのも面白いかと思います。

 
 

スポンサーリンク

-ベランダ菜園, 家庭菜園の土作り, 家庭菜園栽培の基本, 種まき, 肥料・堆肥, 育苗
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で使える堆肥の種類|家畜糞堆肥の特徴

家庭菜園の土作りの説明には、良く「堆肥」という言葉が使われると思いますが、 この堆肥というのは、具体的にどんな状態の肥料なのでしょうか? スポンサーリンク

野菜つくり

早生、中生、 晩生の意味は?|同じ野菜でも品種によって栽培期間が異なる

野菜は、実に多くの種類があります。 更に、その野菜の1つの種類でも、さまざまな品種のものがあり、 その特徴や、味、育て方などに大きな違いがあることもあります。 スポンサーリンク

ピーマン 苗

ピーマンの種まき・育苗|苗作りには一定の温度と時間が必要

熱帯原産のピーマンは低温に弱く、 苗作りには一定の温度と時間が必要です ピーマンの種のまき方 セルトレイを用意して、1粒ずつ種をまきます ピーマンは発芽温度が高く時間もかかります 発芽適温25℃-30 …

no image

家庭菜園で旬の野菜を育てよう|新鮮で栄養価が高い野菜がおいしい

スーパーへ行くと、1年中購入することの出来る野菜って多いですよね。今は、ハウス栽培なども盛んに行われているので、本来旬ではない時期でも、その野菜を楽しむことが出来る世の中になっています。 促成栽培、周 …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント