初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

白菜の育て方

家庭菜園でハクサイを上手に育てるポイント|種まきの時期が重要

投稿日:

ハクサイの種まきの適期は、8月20日?25日頃です。
ハクサイの品種によっても多少前後はしますが、この時期を目安に、
種をまくようにしましょう。

良く出来たハクサイというのは、1つに対して70?100枚の葉がつきますが、
上記の時期を遅れてしまうと、充分な葉の枚数が付かないこともあり、
球の肥大不良になってしまう可能性もあります。

勿論、早くまきすぎるのも苗がよく育たない、病気にかかりやすい
などといったデメリットがありますが、まき時が遅れないように、
注意したいところです。

苗作りに用いるのは、128穴のセルトレイが良いでしょう。
セル育苗用として販売されている、ピートモスを豊富に含んだ用土を選び、
それを均等に詰めていき、軽く上から押さえておきます。

また、その後、セルとセルとの区切りが見えるように擦り切ります。
しっかりとかん水を行った後に、種子を3?4粒ずつまいていきます。

覆土の後は今一度、かん水を行い、新聞紙を使ってトレイを覆います。
これで種まきは完了となりますが、毎日、かん水が必要な事を
忘れないようにしてください。

しっかりとかん水ができていれば、3日から4日ほどで発芽します。
新聞紙を取り、1日2回のかん水を行なっていきます。

スポンサーリンク

用土の乾き具合に注意し、トレイの外側等乾燥しやすい場所には、
多めに水を与えてあげると良いかと思います。

それから間引きの作業となりますので、20日ほどで本葉が3枚?4枚ほどの
苗になるよう、随時間引きを行なっていきます。

上記の例はセルトレイを利用する方法となりますが、ポリ鉢などを使っても、
苗を作ることはできます。株数は少なくなってしまいますので、
お好みで選ぶと良いかと思います。

ハクサイは、とても肥料を好む作物でもありますので、元肥には堆肥と
油粕、化成肥料などを多めに入れておきます。

また、ハクサイの根っこは浅く広く張る性質がありますので、根っこに、
充分に肥料が行き渡るよう、15?20センチほどの深さに全体的に、
肥料を入れるのがポイントです。

出来た苗は1箇所につき、2株を使って植え付けていきます。
これは、強い雨や、高温の時を予防するためであり、1本よりも2本の方が
順調に生育を進めることが出来るからです。

この時、畑が乾燥しているようであれば植えつけるところのかん水をし、
水が引いた時を見計らって苗を植え付けていきます。
植え付け後も、同様にかん水を行います。

本葉が7枚?8枚ほどになったら、生育の良い株を残すようにして、
間引きを行います。追肥のタイミングを見計らい、結球開始までに大体、
2回?3回ほど追肥をします。

スポンサーリンク

-白菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

白菜の種まき|おいしいハクサイの育て方

白菜の種はうね幅100センチなら1条まき、うね幅120センチなら2条まきにします株間の目安は50?です スポンサーリンク 1か所に4?5粒ずつまいて薄く土で覆ったあとにたっぷり水をあたえます 種のまき …

no image

白菜の日本での歴史|カブ、コマツナ、チンゲンサイはハクサイの仲間

ハクサイは、キムチにお漬物、炒めものに、鍋物。 日本の食卓には欠かせない野菜の1つとして、知られていますが、 ハクサイの歴史はまだ浅く、日本には明治頃に入ってきたとされています。 八宝菜にも使われてい …

no image

ハクサイの収穫の目安と貯蔵方法

結球ハクサイは、晩秋頃に大きく育ち、収穫期を迎えます。 収穫の目安は、結球したハクサイの頭の方を掌で押さえるようにして、 硬くなっていることが目安となります。 元気に育っていたと思われる結球ハクサイで …

no image

ハクサイの種まき時期|家庭菜園では秋まきがおすすめ

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、 葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。 見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、 収穫に喜びを感じれることと思いま …

野菜つくり

白菜の育て方 栽培方法|ビタミンC、食物繊維が豊富でダイエットにも向いている

はくさいは英語でチャイニーズキャベツといい、 日本には明治初年に導入されました。 白菜は国際的な統計ではキャベツの中に入っています。 日清・日露戦争に従軍した日本の農村出身者の兵士が大陸で はくさいを …

カテゴリー

最近のコメント