初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

ホームセンターで有機肥料を購入する

投稿日:

ホームセンターなどの肥料売場に行くと、さまざまな、
有機肥料があります。油粕の中に、貝殻、骨の粉末が含まれたり、
豚糞、牛糞、鶏糞の他、それぞれの野菜に特化した有機肥料まであります。
また、これらにはさまざまな効能が書かれていますが、
この効能の差は、あまり気にしなくても良いかも知れません。
大切なのは、有機肥料であるかどうか、効能の部分は、
お好みで選んでしまって大丈夫です。
肥料は、2月上旬ころまでに揃えておくのがおすすめです。
これは、有機肥料の値段が安くなる時期だからです。
季節によって高い時期がありますので、良く見極めてください。
近所では、鶏糞なら15キロのものが100円以下、
堆肥40ミリリットルで、300円程度にて販売されていますが、
これは、安い値段です。高い時期になると、1.5倍ほどになりますから、
なるべく安い時期に手に入れ、余ったお金は苗や種、
その他の家庭菜園作業用のお金に回すのが1番です。
ちなみに、私は仲間と一緒に購入するようにしています。
合計100袋以上と、大口になりますが、トラックも借りれるので、
1度に運べて、便利です。
また、ネットの家庭菜園仲間などは、インターネットの
通販サイトを利用して買われている人も多いようです。
重たい土ですから、玄関先まで届けてくれるというところに、
メリットがあるのだと思います。
畑まで車で運べる人であれば、近くのホームセンターなどで、
車のない人などは、通販サイトを利用するのが良いかな?と、
個人的には思います。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …

no image

家庭菜園の初心者はミニトマトからはじめるのがおすすめ

私の野菜作りは、ミニトマトの苗からはじまりました。元々は、 「家庭菜園」としてではなく、ベランダの一角にて何か育てたいな? という、軽い気持ちからスタートしました。 それまでは、本当に無趣味だったんで …

no image

ピーマンを家庭菜園で育てて食育に

家庭菜園で人気の野菜といえば、トマトが思い浮かびます。 子どもも大好きで、赤い実が可愛くて、料理に彩りも添えてくれて、 まさに食育にもお料理にもピッタリです。 ですが、雨で実が割れてしまったり、病気に …

no image

ベランダでブロッコリーを栽培する

この冬はベランダでブロッコリーを栽培しています。 「ハートランド」という苗を 9月にネットで購入して植えしました。 ハートランドは真ん中のブロッコリー以外にも脇芽からも どんどんブロッコリーができる品 …

no image

ホウレンソウは酸性土壌が苦手

家庭菜園で野菜を作っていますがもともとの地面の固い土を掘り起して、 ホームセンターで買ってきた野菜用の土とブレンドしていますので、 どうしても目は粗いですし、土壌が酸性に傾いているようです。 昨年の秋 …

カテゴリー

最近のコメント