初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

冬の家庭菜園はダイコンを育ててみよう

投稿日:

冬場、特に年末年始の野菜の高騰は毎年のことですが、
ここ近年は、その高騰ぶりも半端ではないような気がします。
我が家は、役場から借りた菜園で、野菜を育てていますが、
冬場に野菜を作っても、寒さで育ちが悪く、
また白菜や小松菜、キャベツといった甘みのある葉野菜は、
虫や鳥に食い荒らされて、手間の割に収穫が少ないので、
近頃は、全面ほとんどを「大根」に絞って育てています。
とにかく、大根の生育の適温は、17から20度とされていますが、
低温にびっくりするほど強く、
寒くて霜柱が立ったり、雪がふるような季節でも、
大根は枯れることなく、ゆっくりと育ってくれます。
元々冷涼な気候を得意とする野菜なので、当然ですが。
大根は手が全くというほどかかりませんが、唯一種まき前に、
十分に地中を掘り返して、通気性や排水性を考えて耕します。
恐らくこの手間くらいで、あとは適当に種を撒いて、
適宜に間引きをするだけですね。
大根ばっかりそんなに食べないと思われる方がいらっしゃるかと思いますが、
冬場は本当によく使います。
おでんや鍋、ふろふき大根、大根の煮っころがし、千六本に切った大根の味噌汁、
大根おろし、サラダ等などです。
あとは、漬物ですね。
今年は我が家の大根をたっぷり使ったニシン漬けが美味しくできました。
育っても、一遍に抜かなくても良いので、
育ったら必要な分だけ抜いて使い、大体2月一杯で食べきる感じです。
冬場はやっぱり大根栽培がおすすめですね。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園で化学肥料ではなく有機肥料を使う

家庭菜園ほどのスペースであれば、有機農法は、 そこまで難しいものではありません。堆肥以外にも、牛糞、 油粕、木酢液、鶏糞、いろいろな資材がありますから、 それぞれを使って、土作りを行います。 家庭菜園 …

野菜つくり

野菜の原産地は主に8か所の地域に分けられる(八大中心地)

野菜の原産地は、1951年、旧ソ連の植物学者により提唱されました。 この提唱は「作物の八大中心地」とされ、8つの地域に分けた 原産地を見ることが出来ます。 ■バビロフ氏による野菜の原産地 1.南アメリ …

no image

ピーマンを家庭菜園で育てて食育に

家庭菜園で人気の野菜といえば、トマトが思い浮かびます。 子どもも大好きで、赤い実が可愛くて、料理に彩りも添えてくれて、 まさに食育にもお料理にもピッタリです。 ですが、雨で実が割れてしまったり、病気に …

no image

ハクサイがヨトウムシにやられた|葉脈しか残っていない

私は、家庭菜園の1年目、8月末よりハクサイを育て始めました。 冬の鍋は大好物なので、ハクサイをつくりたいと、前々から思っていたんです。 でも、失敗です。全滅!と言っても過言ではありませんでした。 その …

no image

ホームセンターで有機肥料を購入する

ホームセンターなどの肥料売場に行くと、さまざまな、 有機肥料があります。油粕の中に、貝殻、骨の粉末が含まれたり、 豚糞、牛糞、鶏糞の他、それぞれの野菜に特化した有機肥料まであります。 また、これらには …

カテゴリー

最近のコメント