ホーム » 野菜の育て方 » ナバナの育て方

スポンサードリンク

ナバナの育て方カテゴリの記事一覧

ナバナの育て方のポイント|春を感じさせるアブラナ科野菜

ナバナは、独特の香りと苦味があり、春を感じさせるアブラナ科の野菜です。
ナバナは、菜の花の花蕾を利用するものとなりますが、人気が高く、
店頭でも度々、手に入れることが出来ます。

IMG_2286.JPG

10センチ?12センチほどの長さに切りそろえられ、花蕾の大きなナバナは、
晩秋?春先に旬を迎えます。元々は、千葉県の特産として知られていましたが、
近年、さまざまな品種改良がされ、広い地域で親しまれています。


早生、晩生、多分子性、耐病性などの種類が出てきていますので、
ナバナといっても、さまざまな楽しみ方が出来るのではないかと思います。


そんなナバナの種まきは、8月下旬?9月下旬頃までとなります。
適期は長いと言えますが、8月下旬頃の種まきは早生種が向いており、
秋より収穫が出来ます。


9月以降の種まきには、晩生・耐病性の強い物などを選ぶと良いでしょう。
根こぶ病などに強いナバナを育てることが出来ます。


種まきは、セルトレイを用いて育苗する方法と、直播きの方法があります。
セルトレイを使う方法が非常に便利だと思いますので、簡単に説明させて頂きます。


セルトレイは128穴の物を用い、4?5粒ずつ種まきを行います。
本葉4?5枚ほどとなったら、畑に植え出すというものです。


十分な太さのある花茎、花蕾を楽しむには、水持ちの良い畑にして、
完熟堆肥・有機質肥料を充分に施すことが大切です。


また、収穫が進むにつれ、油粕・化成肥料を追肥してあげ、
肥料切れを起こさせない様にします。


ナバナはアブラナ科の野菜となりますので、薬剤の散布は必須です。
コナガの幼虫、アブラムシ、ヨトウムシなどには十分注意しておきましょう。


元気に育ったナバナは、次々に花蕾をつけます。
収穫適期は、1?2番花の咲き始めとなりますので、取り遅れないようにしましょう。

スポンサードリンク

ナバナの種まき時期と栽培のポイント|花蕾・茎・葉を一緒に食べる野菜

春頃になると、ナバナが店頭に並びだすようになります。菜の花よりも先に、約12セン...

続きを読む

  • 1

Return to page top