ナスの育て方

ナスの育て方

ナスの育て方、種まき、育苗から追肥、支柱立て、たくさん収穫できるコツ

ナスは、食卓にも並べやすく、収穫・食べることが目的となる家庭菜園にはぴったりの野菜だと言えます。 お漬物、お味噌汁、炒めもの、パスタ、麻婆茄子など、和洋中、何にでも合わせられるというのは、主婦にとって嬉しいですよね。 そんなナスを家庭で育てる時のポイントについてまとめました。
とうもろこしの育て方

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。
ナスの育て方

ナスの害虫防除と更新剪定|秋ナスをたくさん収穫する方法

7月下旬頃になったら、ナスの更新剪定を行います。 更新剪定とは、自然に弱まった株、病害虫におかされるなど、 実の付きが悪くなったナスの枝を短くすることによって、 新たな生長を促す方法です。
ナスの育て方

ナスは、肥料切れを起こさないように追肥しながら育てます|ナスの栽培ポイントまとめ

ナスは、肥料切れを起こさないように追肥しながら育てていきます。 収穫開始より、2週間に1回、化成肥料を1平方メートルあたり30グラムほど、 追肥します。 多肥好みのナスの花は、肥料が足りているかどうかの目安になるので、 良く観察しておくことも重要なポイントの1つとなります。
ナスの育て方

ナスの栽培ポイントまとめ1|生育適温に合わせて育てることが重要

ナスは、食卓にも並べやすく、収穫・食べることが目的となる、家庭菜園にはぴったりの野菜だと言えます。お漬物、お味噌汁、炒めもの、パスタ、麻婆茄子など、和洋中、何にでも合わせられるというのは、主婦にとって嬉しいですよね。今日はそんなナスを家庭で...
ナスの育て方

ナスの輪作|連作障害対策と接木苗

ナスの原産地とされるインドは、モンスーン気候に属します。日本の夏も、インドの気候に似た蒸し蒸しとした暑さがありますから、ナスにとっては、育ちやすい環境だと言えます。しかし、ナス科に属する野菜は連作障害を起こしやすいので、ナスをはじめとする、...
ナスの育て方

ナスの色と健康効果|紫色はナスニン色素

ナスの色は、紫色、黒紫色というのが一般的です。しかし、数あるナスの品種の中には、白いナスのなる「シロナス」や、黄緑色のナスのなる「アオナス」などがあります。この白いナスは、特に欧米の地方で好まれており、その色から、ナスは英名で「エッグプラン...
ナスの育て方

ナスの原産地と日本での歴史|エッグプランツとよばれる理由

ナスは、"日本の野菜"としての歴史が古く、さまざまな調理に使われます。それは、現代でも変わらず、和洋中、さまざまな料理に使われ、食卓でも使い勝手の良い野菜として知られています。また、家庭菜園での人気の秘密の1つに、収穫期間が長いことが挙げら...
ナスの育て方

ナスの実が大きくならない原因|なり疲れ、肥料不足の可能性が高い

ナスは暖かくなるにつれ、紫色の形の良いものが形成されていき、 順次収穫をすることが出来ます。 やがて株の勢いも落ち着いていき、実止まりが悪くなり、 収穫量も減っていきますので、6月、梅雨をあけた頃になると、 既に老衰していきます。
ナスの育て方

ナスがたくさん収穫できる栽培管理のコツ|追肥して株の勢いを維持しよう

6月になると、ナスは生育が旺盛となります。紫色のナスの色はツヤもあり、形もナスらしい良い形となりますが、この時期のお手入れを怠るとすぐに、ナスは老衰してしまいます。 ナスが老衰してしまうと、株の勢いはほとんどなくなるようになり、果実自体の品...
タイトルとURLをコピーしました