水やり

キッチン菜園

家庭菜園のプランター栽培の水やりのコツ

狭いスペースでも家庭菜園を楽しむことの出来るキッチン栽培や、プランター栽培が流行しています。そんな狭いスペースを用いた家庭菜園のポイントとなるのは、容器の大きさに適した野菜を育てること、良い用土を使うこと、適した肥料を与えること、水やりとな...
家庭菜園の病害虫防除

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。しかし、なかなか毎日のお手入れに時間が取れる人ばかりではないですし...
トマトの育て方

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。特に、露地栽培では起こりやすい現象の1つとして知られ...
家庭菜園の道具

水やりに必要な道具|ジョウロは家庭菜園に必要

種まきの後は、たっぷりと水を与えることが重要とされますが、水圧が強すぎると、水で土を削ってしまうことになり、種が流れ出ることもあるので、水圧の強くならない、ジョウロで水を与えることが必要です。また、ジョウロでの水の上げ方もさまざまな活用がで...
水やり

種まき後、植え付け後の水やりの方法|水やりは重要な作業

種まき後も、植え付け後も、水やりは重要な作業と言われますが、 それぞれのやり方には、違いがありますので、是非、覚えておきましょう。 種まき後は、種が流れてしまわないよう、ジョウロなどを使って、 たっぷりと水やりを行います。発芽するまでは、充分な水やりが必要ですが、 発芽後は、根の生長のため、乾燥したら水やりをするという形になります。
キッチン菜園

プランター栽培の水やり方法|失敗の多くは水のやりすぎ

プランター栽培は、土の容量が限られるだけではなく、プランター内の温度が上がりやすいため、定期的に水やりを行うことが必要です。しかし、プランター栽培の失敗の多くは水の上げすぎとなりますので、水をあげすぎないようにすることも重要です。プランター...
水やり

野菜の種類によって適度な土壌環境と水やり頻度は変わる

水分不足は、野菜にとって非常に悪い環境だと言えますが、土が水分を多く含みすぎているのも、良くない環境だと言えます。中には、湿度が高い環境を好む野菜もありますが、土中の酸素が不足すると、根は生長しにくくなりますし、根腐れを起こす可能性もありま...
水やり

野菜が水不足にならないように|水やりは重要な作業

葉より、水分を蒸散させ、根より土にある水分を吸収することによって、植物は日々、生長していきます。野菜は9割が水分で出来ているとされるように、水分不足は生育を阻害し、品質・収穫量も落ち、ひどくなれば、枯れて終わってしまいます。■水やりは、野菜...
ベランダ菜園

プランター、鉢植えの水やりの注意点|量はたっぷり、回数は少なく

鉢受け皿に水が溜まらないようにする 鉢を使って家庭菜園をやられている方も多いと思いますが、 鉢受け皿に水がたっぷり溜まらないように水やりには注意しなくては いけません。 何故かと言うと、家庭菜園で作物を育てる上のポイントとして 「土が乾いた時に水をたっぷりとあげる」というのがあるからです。
水やり

水やりのタイミング、回数、量|基本は土が乾いたときにたっぷり

水やりは基本的に「土が乾いた時にたっぷり」というのが基本です。 良く春は1日に1回、夏場は朝夕2回などの表記もされていますが、 上記の基本は絶対に覚えておくと良いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました