初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

肥料・堆肥

肥料の三大要素|窒素N・リン酸P・カリK

投稿日:

肥料を与えることは、野菜をより美味しくするためでもあり、
また、より多くの野菜を収穫するためでもあります。

土の種類もそうですが、肥料の種類もたくさん多いため、
ホームセンターなどでは、悩まれている方も良く見かけます。

化成肥料と有機質肥料の違い、肥料の三大栄養素など、
肥料に関する知識を覚えておけば、育てている作物に適した、
肥料を選択することが出来るようになります。

■肥料の三大栄養素

窒素・リン酸・カリの3種類が三大栄養素と言われています。
植物にとって必要な肥料の成分でありますから、家庭菜園を
やられている方にとって、身近な言葉であるかも知れません。
肥料 三大要素 窒素

窒素はNと表記され、葉肥と呼ばれています。
その名前の通り、葉や茎の生育を促進しています。

⇒窒素肥料について

肥料 三大要素 リン酸

スポンサーリンク

リン酸はPと表記され、実肥(みごえ)とも呼ばれています。
花を咲かせること、実を実らせることなどに使われています。

⇒リン酸肥料について

肥料 三大要素 カリウム

カリはKと表記され、根肥と呼ばれています。
茎や根を丈夫にし、耐病性と高めます。

⇒カリ肥料について

これらは、肥料に複合されて配合されていますので、
肥料のパッケージには、割合として表示がされていることが多いです。
窒素:リン酸:カリを数字で表されていますので確認して購入しましょう。

例えば、トマトのような実をならせる野菜の場合には、
リン酸の比率の高い肥料を使う、ほうれん草のような葉物野菜には、
窒素の比率の高い肥料を使うなどの選び方がポイントです。

⇒植物の生育に必要なもの

⇒堆肥の効果

スポンサーリンク

-肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

野菜つくり

肥料のやりすぎと肥料不足|与えれば与えるほど大きく育つは間違い

「肥料は、野菜の栄養となる部分なので、与えれば与えるほど、大きく育つ」 これは、間違いです。     確かに野菜の栄養ではありますが、私たち人間と同じように、 摂取のしすぎは、かえって生育を阻害するこ …

野菜つくり

家庭菜園での施肥の方法|肥料の与え方は、野菜によって適切な方法が異なります

堆肥や肥料の与え方には、いくつかの方法があります。 土の全体に向け、散布する方法を全面施肥、植え穴を作って肥料を与える 植え穴施肥、畝の中央に溝を作って肥料を与える溝施肥(条施肥)があります。 スポン …

no image

日照不足の時の肥料の考え方|上手に量を調節して上げる

私たち日本人は米を主食としますが、植物は、日光と、二酸化炭素、水の3つを主食としています。 そのため、野菜にとって日当たりや、温度、水やりはとても重要であり、それによって大きく生長が左右されます。 肥 …

植物に必要な栄養素

野菜栽培に必要な微量要素|家庭菜園での肥料の知識

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)と 二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)が知られています しかしそれ以外の野菜に必要な成分は微量要素と呼ばれ、 マンガン( …

カテゴリー

最近のコメント