ダイコンの育て方

ダイコンの育て方

ダイコンの間引きと病害虫防除|キスジノミハムシにも注意

■間引きの注意点種まき後1週間ほどしたら、発芽が揃います。この時期に1回目の間引きを行います。子葉の不整形のものなどを抜き、良いものを、3本ほど残します。2回目の間引きは、本葉が2枚?3枚程度になった時です。生育の揃ったものを2枚残して、他...
ダイコンの育て方

ダイコンの栽培のポイント|根が良く伸びるように、土を耕す

さまざまな調理法のあるダイコンは、家庭菜園でも人気の野菜です。良く使用する野菜だからこそ、自宅で育てて家計の助けにしましょう。今日は、そんなダイコンの栽培ポイントを紹介します。■ダイコンは直根性。根が良く伸びるように、土を耕す日当たりの良い...
ダイコンの育て方

ダイコンの収穫のタイミング|種まき後、2ヶ月ほどで収穫することができます

ダイコンの種まきは、春まきの場合は4月中旬頃に、秋まきの場合は9月頃に行います。どちらの場合も、畝に種まきを行った後は、不織布を使用し、ベタ掛け資材を掛けて育てていきます。これは、鳥害や、害虫、アブラムシなどの被害を防ぐために行いますので、...
ダイコンの育て方

ダイコンの種まきと土作り|直根性の野菜なので直播栽培で育てます

ダイコンは、5度?32度と、生育できる気温の幅が広いのが特徴ですが、適温は大体、17度?21度の比較的、涼しい時期となります。直根性の野菜になるので、移植栽培ではなく、直播栽培で育てます。育苗に使用するセルトレイや、ポットでは、直根にはなら...
ダイコンの育て方

ダイコンの原産地と日本での歴史

ダイコンの原産地は、中国、地中海沿岸、中央アジア、コーカサス南部、さまざまなところに分布します。日本に渡来したのは、縄文時代?弥生時代の頃と言われており、このダイコンは、中国より渡来したものです。アブラナ科野菜の代表的な野菜とも言われるダイ...
ダイコンの育て方

ダイコンの肥料をやる時期とタイミング

ダイコンは、野菜の中でも、根を大きく育たせる作物となりますので、 肥料を上手に吸い上げることが出来、比較的少ない肥料分であっても、 元気に育つという特性があります。     しかし、生長期となる時期の肥料の吸収は非常に多いため、 肥料不足には十分注意しなければいけません。 この時期には、追肥を欠かさず行い、品質の良いダイコンが収穫出来るように管理します。
ダイコンの育て方

ダイコンの種まきと畑の土作り|小さな石ころなどの障害物を取り除く

ダイコンは元々強い植物でもありますので、やせ地などでも、充分に育てることができる野菜の1つです。土壌への適応性が広いのは魅力でもありますが、根の肥大が、非常に著しいので土壌の準備や、肥料については、充分に気をつけ、行なって行きたいところです...
ダイコンの育て方

ラディッシュの栽培のポイント|水やりは回数を減らして一度にたっぷりと

ラディッシュ栽培のポイントを紹介します。種まきはすじまきがおすすめです。水やりは発芽するまではこまめに、発芽した後は回数を減らして一度にたっぷりと与えるようにします
キッチン菜園

ラディッシュの育て方|短期間で収穫できる初心者おすすめ野菜

ラディッシュの育て方を紹介しています。ラディッシュはハツカダイコン(二十日大根)とも呼ばれ名前の通り短い栽培期間で収穫できる家庭菜園初心者にもおすすめの野菜です
ダイコンの育て方

ダイコンの栽培ポイント|スプラウトとしてかいわれ大根もおもしろい

ダイコンの発芽は早く、3日?1週間もすれば双葉が見られます。その土地の気候や、季節などにもよりますが生長を早く目に出来るのは家庭菜園をやっている方にとって「喜び」でもありますよね。こうして出来た双葉は、通常かいわれ大根と呼ばれている物です。...
タイトルとURLをコピーしました