石灰肥料

石灰肥料

石灰資材の種類|育てる野菜や土の状況によって使い分けよう

石灰資材といっても、さまざまな種類があります。苦土石灰、炭カル、消石灰などが一般的ですが、この他に生石灰や、貝化石粉末、カキ殻などもあります。■生石灰とは?生石灰は、石灰岩を焼いて粉末にしたものです。水をかけることで反応を起こし、消石灰とな...
石灰肥料

石灰のやりすぎに注意|土作りの失敗の原因の一つです

土壌改良は、種まきや苗の植え付けの2週間前までに行います。 石灰資材を土に混ぜ込む時は、まいた後、すぐにかき混ぜるのがポイントです。 こうしないと、すぐにカチカチに固まってしまうためです。 2週間後すると、土と資材が良く馴染みます。 石灰は鶏糞などと一緒に与えると、アンモニアガスを発生させてしまうので、 石灰を用いる時は、単体でその資材を使うようにすることも重要です。
石灰肥料

石灰資材が必要な好カルシウム植物|カルシウムは植物の必須元素

野菜が育つために必要な元素を「必須元素」といいます。この中には、窒素やリン酸、カリなどの他にカルシウムや、マグネシウム、亜鉛などの元素も含まれます。その必須元素の1つカルシウムは、野菜の細胞組織を健康に育て、野菜そのものの姿を維持するのに不...
石灰肥料

野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っていますカルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています人間の体重の約2%はカルシウムですカルシウムの99%は骨と歯に存在し、残りは体液と細胞中にありますカ...
石灰肥料

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)ですこのカルシウム、マグネシウム、硫黄は植物、動物にとって比較的多量に必要です...
石灰肥料

消石灰の使い方|家庭菜園で石灰を使った土作りのコツ

植物が生長するにあたって土は重要なものです。 植物に応じて適する土作りを行い、生長を促すように、 してあげなければいけません。 この記事では、石灰を使った土作りについて、 お話させていただきます。 日本の土壌の特徴として強酸性であることが多いと 言うことが挙げられますので、植物を生長させるために適している 弱酸性-中性になるように、石灰を使って中和させて行きます。
家庭菜園の土作り

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、 酸性に傾いていたら消石灰を施します
タイトルとURLをコピーしました