家庭菜園の連作障害対策

キャベツの育て方

アブラナ科野菜(コマツナ、キャベツなど)の根こぶの原因|輪作栽培が1番の連作障害の予防

コマツナやキャベツの根の部分にコブのようなものが出来てしまった場合は、連作障害による「根こぶ病」を疑ってください。水やり・肥料・天候の観点が原因になることもありますが、コブが出来ているという現象は、十中八九、根こぶ病だと考えられます。■連作...
家庭菜園の連作障害対策

家庭菜園の輪作年限|同じ野菜を栽培するにはどれくらい期間をあければいいのか?

連作障害の出やすい野菜は、あけるべき期間が長くなります。例えば、トマトやナス、ピーマスなどのナス科の野菜に関して言えば、5年以上、同じ土地で栽培しないほうが良いとされています。連作障害が出るものの、それほど出やすくはない、ネギやレタス、ほう...
家庭菜園の連作障害対策

家庭菜園での輪作の方法と輪作の例

輪作というのは、同じ科ではない違う野菜を育てる方法です。例えば、トマト⇒トマトを育てる場合は、連作となり、輪作ではありません。トマトはナス科となるので、トマトの次にピーマン、ナスを育てるのも、輪作ではありません。このように、同じ科ではないも...
家庭菜園の連作障害対策

家庭菜園で連作障害を防ぐ方法|輪作のメリットとコンパニオンプランツ

野菜を育てる上で、1番注意したいのは連作障害です。基本的な連作障害の対処は、連作とならないように輪作して育てる、予防法となりますので、連作障害が起きないよう、畑の使い方に注意してください。■輪作のメリットとは?輪作は、前作の時に偏った土壌成...
家庭菜園の連作障害対策

連作障害の出にくい野菜、出やすい野菜

野菜には、連作障害の起こりやすいものと、起こりにくいものがあります。 連作障害が起こりやすいのは、主にナス科のトマトや、ナス、ピーマンなど、 ウリ科のキュウリやスイカ、アブラナ科のキャベツ、ハクサイなどがあります。
家庭菜園の連作障害対策

連作障害は何故起こるのか?|家庭菜園での対策

同じところで、同じ科や同じ野菜を育てることはしてはいけないことです。これは、連作による障害を引き起こさせないためです。連作障害は、極端に野菜の生長が悪くなり、枯れてしまうこともあります。また、特定の病害虫の被害に遭いやすいなど、さまざまな障...
家庭菜園の連作障害対策

輪作と連作障害|狭い家庭菜園のスペースを有効活用するには?

同じ野菜を連続して同じ場所で栽培すること、同じ科の野菜を連続して同じ場所で栽培することを、連作といいます。逆に、違う野菜、違う科の野菜を栽培することを輪作といいます。スペースの限られた家庭菜園では、連作をしてしまいがちですが、連作障害の可能...
家庭菜園の連作障害対策

連作障害の基礎知識と輪作の作付計画

同じ科に属する野菜や、同じ種類の野菜の野菜を同じ場所で栽培することを「連作」と言います。作る側の私たちから見れば、同じ場所で育てることは、管理がしやすく、育てやすいと言えますが、作物にとっては非常に悪いことです。これを連作障害と呼びます。具...
家庭菜園の連作障害対策

家庭菜園での連作障害の回避方法

家庭菜園をやる上で、覚えておかなくてはいけないのが連作障害です。これは、同じ場所に同じ科に属している近い野菜を続けて、育てることを意味する言葉です。この連作というのは、異なる野菜や作物を一緒に育てる輪作の対義語としても知られています。例えば...
家庭菜園の連作障害対策

連作障害に強い接木苗を定植する|せまい家庭菜園でも連作障害対策

スイカ・キュウリ・トマト・ナスなどは、土壌病、害虫などに弱く、 連作障害が起こりやすいとされている作物です。 そのため、1度その場所で栽培したのであれば3年-4年ほどは、 その場所に同じ野菜を作らないようにしてください。
タイトルとURLをコピーしました