育苗

家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、お互いをかばい合って育っていくため、育ちやすいと言えます...
とうもろこしの育て方

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。
育苗

苗の植え付けのポイント|時間帯も天候や温度によって考える

苗の植え付けは、できるだけ風のない日に行います。 定植の適期を迎えたばかりの苗は、まだまだ丈夫とは言えず、 風の被害にも遭いやすいからです。
家庭菜園栽培の基本

いい苗の選び方|苗選びが家庭菜園成功のコツ

苗を購入する時や、育苗後、定植に良い苗を選ぶポイントをまとめました。下記を参考に、良いものを畑に植えて、丈夫に育てて行きましょう。■育苗後の苗・市販されている苗の選び方・茎が丈夫に育っていて、しっかりとしていること・葉の1枚1枚の厚みがあり...
育苗

果菜類の育苗のポイント|苗半作を意識しよう

「苗半作」とは、苗はとても大切なもので良い苗を選ぶことが、その株を大きく生育させる、成功のポイントだという意味です。果菜類の場合、本葉がまだ少ない頃に花芽がつくられるので、苗の段階の生育によって、果実のつき方や、収量が大きく変化します。■果...
家庭菜園栽培の基本

野菜の苗を購入して育てるメリット|家庭菜園初心者は苗からはじめるのがおすすめ

野菜の品種は、近年とても増えてきています。私が家庭菜園をはじめた当初は、まだまだ品種の書かれた苗が少なく、品種を決めるとなると、種からの栽培が当たり前でした。しかし、今はホームセンターなどでも気軽に品種の違う苗を購入することができます。それ...
家庭菜園栽培の基本

種から育てる野菜と苗から育てる野菜|家庭菜園のメリット、デメリット

「育苗」とは、畑に種を直播きにせず、育苗箱やセルトレイなどを用いて、一度、苗を育てることです。特にこの方法が有効となるのは、大きな葉菜類や、果菜類です。■育苗は何故するべきなのか?直播きしない事のメリットとは・育苗期間中の畑は、自由に使うこ...
家庭菜園栽培の基本

野菜苗の上手な選び方|苗を購入する前に気をつけておきたいポイント

春は家庭菜園をしている人にとって大忙しの季節です。 園芸シーズンを迎えますので、園芸専門店や、ホームセンターなどでは 色々な野菜の苗が売り出されるのもこの頃です。 特に高温性で育苗するのに、日数がかかってしまう野菜や、 自分で苗を育てるのが難しいと言われている作物まどは、 この時期に売られる、苗を使って栽培するのが一般的です。
家庭菜園栽培の基本

移植栽培、直播栽培どちらが良いか?|メリットとデメリット

直播栽培と移植栽培という、野菜の育て方の種類がありますが、 直播栽培でなければならないもの、移植栽培の方が適しているものがあります。 直播栽培でなければならないものは、ほうれん草や、ダイコン、ニンジン などの野菜がありますが、移植栽培に適した野菜には、 どんなものがあるのでしょうか?
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園で苗からはじめる野菜作り|移植栽培のメリット

セルトレイや、育苗箱、ポットなどを使って苗をある程度育てた後、畑に移し替えて育てる方法を、移植栽培といいます。育苗箱を使う場合は、本葉が2枚?3枚ほどとなるまでに、ポットに鉢上げを行い、その後、コンテナや、畑に定植させます。ポリポットに種を...
タイトルとURLをコピーしました