とうもろこしの育て方

とうもろこしの育て方

とうもろこしの育て方、失敗しない土つくりから収穫のタイミング

家庭菜園をはじめてやると言う方にもお勧め出来るのがとうもろこしです。種を蒔けば簡単に芽が出て、大きく育ってくれます。また、連作障害もなく他の野菜との兼ね合いも良いため、非常に扱いやすくもあります。ただし、とうもろこしというのはトトロなどにも出てくるようにとても背の高い作物です。その分、根っこもしっかりと張りますのである程度の広さが必要となります。
とうもろこしの育て方

とうもろこしによくつく虫の名前はアワノメイガ|スイートコーンの虫食い対策

スイートコーンは、害虫、アワノメイガに気を付けてください。 アワノメイガの特徴は、スイートコーンの葉の付け根の部分に、 クリーム色をした粉状の塊が付くということです。 アワノメイガのアワは、イネ科を指す言葉となりますので、 イネ科に属する、スイートコーンにとっては、大敵ともなる害虫です。
とうもろこしの育て方

とうもろこしの追肥をやる時期|大きく実のつまったものを収穫するために

実の詰まったものを収穫したいのであれば、1株あたり1本を 育てるようにしてください。雌穂からは、2-3本出ることとなりますが、 最初に開花した1本のみを伸ばすようにして、他はすぐにかき取るようにしてください。 他の作物でもこの方法がとられることがありますが、1本に集中させることにより、 良い果実を作り出すことができます。
とうもろこしの育て方

とうもろこしの植え方|スイートコーンは、2列以上にして植え付ける

スイートコーンは、輪作してもおすすめしたい作物です。独特の甘さは、家庭菜園ならではの旨味となりますので、是非、ご家庭で収穫したスイートコーンの美味しさを味わってみてください。■スイートコーンは、2列以上にして植え付ける雄花、雌花が別々となる...
とうもろこしの育て方

とうもろこしはクリーニング作物|余分に土壌に含まれる養分を綺麗にお掃除してくれる

スイートコーンは、別名「クリーニング作物」と呼ばれています。この呼ばれ方の由来は、肥料を良く吸い取る力を備えているので、過剰に溜まった養分を吸い取り、土壌環境を正しくしてくれることにあります。特に、カリウムや窒素などの、余分な無機質を吸い取...
とうもろこしの育て方

とうもろこしの原産地といろいろな種類

コロンブスがアメリカ大陸を発見したことは、有名な話ですが、この時に住んでいた先住民の方々は、トウモロコシを主食にしていたという話があります。小麦栽培のはじまるまでは、トウモロコシを主食として食べていたようで、トウモロコシの原産地は、中央アメ...
とうもろこしの育て方

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。
とうもろこしの育て方

実がならないとうもろこしを作らないためには?

夏の家庭菜園といえば、トウモロコシです。 トウモロコシはスーパーなどで売られているものと自宅でつくった とりたてとの差が大きいものでもありますので、非常にお勧めです。
とうもろこしの育て方

とうもろこしで実が入らない失敗をなくすには|1列で植えるよりも複数列で

トウモロコシは、夏を感じさせる野菜の1つです。しかし、トウモロコシというのは非常に食べどきが難しい野菜でもあります。 例えば、トウモロコシは独特の甘みが美味しいところですが、この甘味である糖分は1日立つだけでも、呼吸による消耗と、でんぷんと...
とうもろこしの育て方

とうもろこしの植えた後の手入れ|採れたてのトウモロコシはおいしい

■間引きの方法トウモロコシの種は1つの穴に対し、3粒ずつです。芽が出た後、背丈が20センチほどになったら1箇所に1本になるよう間引きを行います。この時、トウモロコシの根っこまで引き抜けなければ地上に出ている部分だけをカットしてしまっても大丈...
タイトルとURLをコピーしました