家庭菜園栽培の基本

肥料・堆肥

追肥のタイミングとやり方|肥料は、根の先端に与えるのがポイント

生長すればするほど、野菜は肥料を良く吸収します。 そのため、その吸収に応じられるように肥料を適度に補給してあげるのが 野菜を上手に育てるポイントです。
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

家庭菜園は誰でも簡単にできる野菜作りです。食の安全性や環境への関心の高まりとともに、家庭菜園をはじめる方が増えています。家庭菜園は、自宅の庭やベランダの一角ではじめることはもちろんのこと、市民農園や貸菜園を借りるなど、様々な方法ではじめることが可能です。とにかく、自分でつくったとれたての野菜は、おいしい! プランターひとつ、苗1本からでOK! なのです。自分が食べたい野菜をつくってみることができるのも、家庭菜園の魅力。「食べたい野菜」=「作りたい野菜」と考えて、野菜づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
家庭菜園の台風対策

家庭菜園で野菜の保温・風対策|手軽なキャップ利用がおすすめ

春のポカポカとした陽気になると、家庭菜園も忙しくなります。 しかし、この頃の天気というのは日中こそ暖かく感じるものの、 夜間は急激に冷え込むことなどもあるので、注意が必要です。
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園で種が余ることありますよね?|野菜種子の上手な保存方法

購入した種子が、余ってしまうことってありますよね。小さな自家菜園であれば、良くあることだと思いますが、来年もこの種子を利用するには、しっかりと貯蔵しておく必要があります。新品種の物や、あまり出回ることのない種子、珍しい物などは、特に大切に保...
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での保温方法|トンネル栽培やべたがけ資材の使い方

10月中旬?下旬頃になると、寒さが一層強まり、秋冬野菜や、小物野菜は、正常な生育が出来なくなります。また、この時期以降は種まきの出来る野菜もなくなります。冷たい風の当たりやすい大地などでは、風の影響も受けやすくなりますので、防風、防寒対策が...
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の野菜の寒さ対策|資材を上手に使って冬の野菜作りを楽しむ

冬になると、降雪・低温のため、露地栽培の生育が止まります。また、種類によって違いはあるものの、ほとんどが良品を収穫出来なくなります。種まきをしても、低温であるため、発芽することが出来ない時期となりますので、防寒資材などを使って、上手に家庭菜...
家庭菜園の土作り

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポートするような管理が必要となります。 土の生産力を高めるのに使われるのが、堆肥です。 土壌を単粒構造ではなく、団粒構造とすることで、保水力を高めることが出来、 同時に水はけを良くします。
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の野菜収穫後の後片付け|土壌中に残った茎葉を残さないこと

野菜収穫後は、畑に多くの茎葉が残ります。 今日は、残った茎葉などの処理の方法について、紹介させて頂きます。 茎葉が軟弱で病害虫に侵されやすい野菜を育てていた場合は特に、 土壌中に病害虫が長く生存している可能性があります。 この病害虫というのは、次に栽培を開始した時の悪影響となりますので、 綺麗に残さず、処理することが大切です。
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園での間引き、整枝、摘葉のやり方|苗作りのポイント

苗作りとして育苗箱に種まきをしたり、畑に直に種子をまく場合は、通常は、1箇所にまくこととなりますので、発芽する時に密生状態となります。また、小さいうちの野菜というのは、この状態の方が、お互いをかばい合って育っていくため、育ちやすいと言えます...
家庭菜園栽培の基本

家庭菜園の暑さ対策|べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

暖かくなると、どうしても病害虫が気になる季節となりますよね。また、夏の暑さは生育障害を起こす可能性がありますので、防暑対策も、同時に行わなければなりません。そんな時にお勧めなのが、べたがけ資材です。これは、ポリエステル・ポリプロピレンなどに...
タイトルとURLをコピーしました