イチゴの育て方

イチゴの育て方

イチゴの植え付け時期|地上にクラウンが出る程度を厳守

イチゴは、家庭菜園向きではないと言われているものの、小さなお子さんからその味を楽しむことが出来るため、家庭菜園では人気が高いと言えます。しかし、苗作りからはじめるとなると、実に1年近くも栽培期間がかかるイチゴは、収穫期がとても短く、露地栽培...
イチゴの育て方

イチゴの増やし方|いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせる

■いちごは、ランナーを伸ばすことで増やせるいちごの種は、いちごの表面にあるツブツブとしたゴマのようなものではなく、そのゴマの中に入っています。一般的に、いちごを育てる際は、全て苗からとなりますので、通常は、このゴマのような粒から、種を抜き取...
イチゴの育て方

イチゴの植え付けの方向|ランナーの向きを確認して行うこと

いちごは、マルチングを行って栽培するのが大切です 気温の下がる地域でも育てることのできるいちごは、マルチングなしでも、 簡単に栽培が可能です。ただし、果実の部分が直接土に触れると、 その影響から、腐ってしまうこともありますので、マルチングは絶対に必要だと言えます。
イチゴの育て方

イチゴの苗の選び方|ウイルスフリー苗とは

美容にも、健康にも良いとされるいちごは、大人も子供も大好きで、家庭菜園でも、特に人気のある作物です。今日はそんないちごの、栽培ポイントについてまとめました。■いちごの苗の選び方いちごは、苗から育てることになりますが、苗選びをする場合は、「ク...
イチゴの育て方

イチゴのビタミンCと健康効果

いちごは、毎日10粒食べるだけで1日に必要なビタミンCを補えると言われています。女性には非常に嬉しい、シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の、合成を抑える効果や、お肌のハリや弾力を支える、コラーゲンの生成を促すなどの、美容効果が得られます...
イチゴの育て方

イチゴの品種の種類と健康効果

「女峰(にょほう)」や「とちおとめ」は、栃木県で主に作られるいちごです。「あまおう」「とよのか」は、福岡県で主に作られているいちごの品種名で、東西でいちごの栽培地域の主力、品種が変わってきます。もともと、いちごというのは、調理にはあまり使わ...
イチゴの育て方

イチゴの旬はいつ?|

クリスマスケーキと言えば、大きないちごの乗った物を思い浮かべますが、クリスマスの時期は、いちごの旬な時期とは正反対の時期です。いちごの旬は、5月?6月頃、冬の寒さを感じてこそ、覚醒すると言われています。でも、今の日本ではクリスマスケーキにい...
イチゴの育て方

イチゴの原産地と日本での歴史|石器時代から食べられていた?

もともと、そのあたりに自生していたとされる野生のいちごは、石器時代の頃から食べられていたと言われ、非常に歴史が古いです。しかし、今のような、さまざまないちごの品種が出始めたのは、まだまだ最近である18世紀になってからのこと。チリを原産とする...
イチゴの育て方

イチゴの手入れ|春のアブラムシやダニに注意

イチゴは一般的に秋頃の植え付けとなりますが、基本的に春を迎えるまでは水を適量あげておけば、特にお手入れをする事なく生育期を迎えます。しかし春になるとハダニやアブラムシといった害虫がつきやすくなるためお手入れにも気を使わなければならない時期と...
イチゴの育て方

イチゴの育て方|簡単家庭菜園でいちご栽培

イチゴが出回る季節と言うとクリスマスシーズンが思いつきますが、実は本当の収穫時期は5月?6月だということを知っていましたか?スーパーなどでは、クリスマスシーズンに合わせて12月頃よりイチゴを良く見かけるようになりますが、これらのイチゴはハウ...
タイトルとURLをコピーしました