白菜の育て方

白菜の育て方

ハクサイの育て方、しっかり結球した白菜を栽培するには?

ハクサイは英語でチャイニーズキャベツといい、日本には明治初年に導入されました。 中国から各地に導入された種をもとに、宮城、愛知、石川で、それぞれ松島群、野崎群、加賀群という、日本のはくさいを代表する三大品種群がつくり出されました。 そんなハクサイの上手な育て方を紹介します。 
白菜の育て方

ハクサイの収穫時期の目安と寒さ対策、収穫後の貯蔵方法

結球ハクサイは、晩秋頃に大きく育ち、収穫期を迎えます。 元気に育っていたと思われる結球ハクサイでも、株によっては、結球の具合にバラつきが生じますので、目安を参考に、収穫のサインを見逃さないようにします。 
白菜の育て方

ハクサイの種まき、時期と畑の準備と土つくり

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。 見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、収穫に喜びを感じれることと思います。 今回はハクサイの種まきについて紹介します。 
白菜の育て方

ハクサイの結球の条件|白菜が結球しない失敗をなくす

白菜の葉が結球するのは生育がある程度進んでからになります。気温が15~17℃の環境下で外葉が20枚程度になると生理現象で結球をはじめるようになります。 ハクサイの葉に日光が当たると、この植物ホルモンオーキシンは、 葉の表から、裏側へ移動し、葉の裏にある細胞を膨らませます。 そうすると、徐々に内側の葉が立ち上がるようになり、巻き込んだ葉になるのです。 このはたらきにより、充分に葉が重なりあった、ハクサイが完成します。
白菜の育て方

ハクサイが結球しない失敗をなくす|肥料のやり方と害虫防除も重要

結球ハクサイを美味しく作るには、結球を締めることが大切です。また、約70枚?100枚という葉数のある状態に育てることが肝心です。ここでは、そんな結球ハクサイ作りのポイントについて紹介していきたいと思います。■種まきの適期を見極めること関東南...
白菜の育て方

白菜の日本での歴史|カブ、コマツナ、チンゲンサイはハクサイの仲間

ハクサイは、キムチにお漬物、炒めものに、鍋物。日本の食卓には欠かせない野菜の1つとして、知られていますが、ハクサイの歴史はまだ浅く、日本には明治頃に入ってきたとされています。八宝菜にも使われているように、元々は中国で発達した野菜で、中国より...
白菜の育て方

白菜の育て方 栽培方法|ビタミンC、食物繊維が豊富でダイエットにも向いている

はくさいは英語でチャイニーズキャベツといい、 日本には明治初年に導入されました。 白菜は国際的な統計ではキャベツの中に入っています。 日清・日露戦争に従軍した日本の農村出身者の兵士が大陸で はくさいを初めて食べ、その大きさや味に感心したのが 全国的に広まるきっかけでした。
白菜の育て方

娃々菜(わわさい)の育て方|食べきりサイズの超小型ハクサイ

スーパーなどで売られている一般的なハクサイの重さは4?5キロです。小型のものでも3キロほどありますので、購入したはいいものの、持って帰るのに大変!といった経験をされた方も居るのではないでしょうか?そんな方にお勧めなのは、超小型のハクサイであ...
白菜の育て方

タケノコハクサイの育て方

タケノコハクサイ アブラナ科 タケノコハクサイは白菜の一種で 中国ではシャオツァイ(紹菜)と呼ばれています。 タケノコハクサイは日本の白菜に比べて、 細長く、草丈は高くなります。 結球部が長円筒形をしていて タケノコの形に似ていることから...
白菜の育て方

ハクサイの結球|白菜はなぜまくのか?

白菜は本葉が出はじめると 中心から次々と新しい葉が出てきます。 新しい白菜の葉は増えてきますが、 白菜の茎は長くならないので葉の数が、 多くなるほど重なり合うようになり、 新しく出た内側の白菜の葉は せまいところで押し合いながら立ち上がり...
タイトルとURLをコピーしました