白菜の育て方

白菜の育て方

ハクサイの結球の条件|白菜が結球しない失敗をなくす

白菜の葉が結球するのは生育がある程度進んでからになります。気温が15~17℃の環境下で外葉が20枚程度になると生理現象で結球をはじめるようになります。 ハクサイの葉に日光が当たると、この植物ホルモンオーキシンは、 葉の表から、裏側へ移動し、葉の裏にある細胞を膨らませます。 そうすると、徐々に内側の葉が立ち上がるようになり、巻き込んだ葉になるのです。 このはたらきにより、充分に葉が重なりあった、ハクサイが完成します。
白菜の育て方

ハクサイが結球しない失敗をなくす|肥料のやり方と害虫防除も重要

結球ハクサイを美味しく作るには、結球を締めることが大切です。また、約70枚?100枚という葉数のある状態に育てることが肝心です。ここでは、そんな結球ハクサイ作りのポイントについて紹介していきたいと思います。■種まきの適期を見極めること関東南...
白菜の育て方

ハクサイの収穫の目安と貯蔵方法

結球ハクサイは、晩秋頃に大きく育ち、収穫期を迎えます。収穫の目安は、結球したハクサイの頭の方を掌で押さえるようにして、硬くなっていることが目安となります。元気に育っていたと思われる結球ハクサイでも、株によっては、結球の具合にバラつきが生じま...
白菜の育て方

無病で良く結球したハクサイを作るには

無病で良く結球したハクサイを作るには、適期に種まきを行うこと、丈夫・健康な苗を作ること、有機質肥料を充分に与えた土地に植え付けること、害虫の防除をしっかりと行うことが重要となります。種まきの適期は、猛暑を過ぎた頃となります。早蒔きしすぎてし...
白菜の育て方

ハクサイの収穫時期の目安|頭の部分を指で押さえ、固く締まっていることを確認

■種まきではなく、苗からハクサイを育て始める場合育苗栽培や、苗の購入後に、ハクサイを育て始めることもできます。苗づくりは、9センチ程度のポットに種をまき、本葉5?6枚程度の時に植えつけます。育ちすぎると、ポットの中で根が詰まってしまいますの...
白菜の育て方

ハクサイの直播栽培のコツ|間引きを早めに行い、追肥する

大きく結球したハクサイを収穫するためには、気温が下がりすぎる前に、 外の葉を大きくしておくことが大切です。 そのためにはまず、種まきの適期を守ることが重視されます。
白菜の育て方

白菜の栽培のポイントまとめ|水はけの良い場所で育て、根腐れを予防する

大きく育ったハクサイの収穫は、非常に重みがあり、収穫の達成感を感じます。そんなハクサイを大きく育てるポイントを、いくつか紹介します。■連作障害に注意!病気にならないように、予防するハクサイは、軟腐病に気をつけなくてはいけません。軟腐病とは、...
白菜の育て方

ハクサイの種まき時期|家庭菜園では秋まきがおすすめ

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、収穫に喜びを感じれることと思います。また、花芽の形成前に結球をさせるのも、大き...
白菜の育て方

白菜の日本での歴史|カブ、コマツナ、チンゲンサイはハクサイの仲間

ハクサイは、キムチにお漬物、炒めものに、鍋物。日本の食卓には欠かせない野菜の1つとして、知られていますが、ハクサイの歴史はまだ浅く、日本には明治頃に入ってきたとされています。八宝菜にも使われているように、元々は中国で発達した野菜で、中国より...
白菜の育て方

白菜の育て方 栽培方法|ビタミンC、食物繊維が豊富でダイエットにも向いている

はくさいは英語でチャイニーズキャベツといい、 日本には明治初年に導入されました。 白菜は国際的な統計ではキャベツの中に入っています。 日清・日露戦争に従軍した日本の農村出身者の兵士が大陸で はくさいを初めて食べ、その大きさや味に感心したのが 全国的に広まるきっかけでした。
タイトルとURLをコピーしました