カブの育て方

カブの育て方

カブの間引きのタイミング|間引き後は、防虫ネットのトンネル栽培も有効

■コナガや、アオムシの幼虫に気をつけるアブラナ科の野菜は、アオムシ、コナガの幼虫による、食害の被害に気を付けなければなりません。これらの害虫が発生すると、すぐに茎葉が食害されますので、種まきの後に、不織布をベタ掛けして予防します。風の強い季...
カブの育て方

連作障害に注意!カブは、ダイコンなどと同じアブラナ科野菜です

ダイコンとはまた違う、まろやかな味の楽しめるカブは、 さまざまな品種があることもあり、家庭菜園でも人気です。 そんなカブの栽培のポイントを紹介します。
カブの育て方

カブの収穫のタイミングと連作障害対策

カブは、収穫が遅れると、根が肥大し過ぎてす入りします。また、根が二股に分かれてしまうこともありますので、小カブの場合、根の直径が約5センチほどになったら、大カブの場合、直径が約10?15センチほどになったら、収穫を行います。品種によっても多...
カブの育て方

カブの種まき|直根性の野菜で直播栽培を行います

地方品種のカブの旬は、晩秋?初冬くらいです。ダイコンとは、またひと味違った感覚で楽しめます。昔から、保存食としても良く利用されていましたので、収穫したカブは、お漬物にして楽しむのも良いと思います。また、カブは根の部分はもちろん、葉を漬け菜と...
カブの育て方

カブの品種の種類|日本のカブは、大きく分けて東洋種、西洋種がある

日本には、約80品種ものカブがあります。その歴史はとても古く、北海道から、九州まで、さまざまな地域で、地方品種があります。■東洋種と西洋種日本のカブは、大きく分けて東洋種、西洋種があります。西洋種は東洋種と比べると、種子が小さいのが特徴です...
カブの育て方

カブの収穫|意外に根は深い・引き抜く手にも力がこもる

小カブは若どりがよいので、根が直径2?3?に太ったころから間引きする要領で込み合ったところから収穫を始めます小カブは直径5cmになるまでに収穫を終えます小カブでも「ヒカリカブ」のように間引きをしながら収穫して株間を広げていくと中?大カブまで...
カブの育て方

カブの追肥・土寄せ|間引きと同時に追肥する

カブの2回目、3回目の間引きをしたあとそれぞれ条間にまき溝を作って化成肥料を施して土をかぶせます中カブ、大カブではそのあとの間引き後も追肥をします小カブの時は300倍?500倍の液体肥料を7?10日おきに水やりごとに与えてもいいでしょう小カ...
カブの育て方

カブの間引き|株間は品種によって調整する

カブの1回目の間引き時期は子葉が開ききったころです密になっている部分や発芽の遅れて小さいカブ、ひょろひょろっと伸びているものなどを間引いて株間を揃えますこのときの株間は1?2cm程度でよいでしょうカブの2回目の間引きは本葉が2?3枚目のころ...
カブの育て方

カブの種まき|種子は軽く押さえて土で覆う

カブの種まきは品種によって株間や種のまく量を変えていきます小カブや中カブは2cm間隔で4?5粒を点まきします種に余裕がある場合は間引く数が多くなりますがすじまきでもかまいません大カブはまき溝をせまくしてすじまきにしますカブの種をまいたら板切...
カブの育て方

カブの土つくり・畑の準備|よく耕してやわらかくする

カブは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てますカブの根は深くまで伸びるので荒おこしはしっかり行いますできれば30?以上おこしたいです植えつけの2週間くらい前に苦土石灰と堆肥をまいておきその後元肥を入れてうねをたてます土はよく砕いておきまし...
タイトルとURLをコピーしました