トマトの育て方

トマトの育て方

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、忙しい日常の合間に行けませんし、まして収穫の時期は毎...
とうもろこしの育て方

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。
トマトの育て方

家庭菜園でのトマトトーンの使い方|ホルモン処理の注意点

トマトトーンスプレーなどは、花房全体にふきつけて与えます。 この時、3個ほど咲いたものに与えるようにしてください。     また、ホルモン処理は1回のみ行うことを厳守してください。 ホルモン剤の2度掛けは、障害が出ることがありますので、 1度、スプレーを掛けたものなどは、分かるように目印を付けておいてください。
トマトの育て方

トマトの栽培ポイントまとめ2|カルシウム欠乏に注意

■トマトの脇芽は小さいうちにかき取ることが大切!トマトの脇芽とりは、まだ小さいうちに指で取るようにしてください。脇芽をとるというと、ハサミを用いるようにイメージする人も多いですが、脇芽とりには、基本的には道具は不要です。逆にハサミを用いれば...
トマトの育て方

トマトの栽培ポイントまとめ1|実のなる側を手前にする

トマトは、家庭菜園で育てることのできる野菜の中でも、特に、人気・需要の高い野菜です。小さなお子さんとの栽培など、家庭菜園ではなく、小さなベランダなどで栽培している人も多いようです。しかし、トマトは意外にも連作障害が多く、日本の高温多湿を嫌う...
トマトの育て方

トマトの実がならない失敗を防ぐつるぼけ対策|窒素肥料の与えすぎはかえって生育を阻害する

トマトのつるや葉は充分に生長しているように見えるのに、 なかなかトマトの肝心の実の部分が大きくならないことがあります。 この現象は、「蔓ボケ」「木ボケ」とよばれる状態であり、 トマトやジャガイモなどのイモ類には良く起こります。
トマトの育て方

トマトのわき芽を取って整枝する|病気の予防になりすくすく育つ

トマトは、主枝1本仕立てにして管理します。この方法に仕立てるには、整枝とよばれる作業が必要です。整枝とは、主枝の生長段階ででてくる脇芽を全て摘み取ってしまうこと、この作業が、トマトの病気予防にもなり、スマートに育てるコツでもあります。この整...
トマトの育て方

トマトの接木苗を定植して連作障害対策

トマトは、味だけではなく、食卓のいろどりを良くするとして、家庭菜園でも、特に人気の高い野菜の1つです。トマトの苗の植え付けの適期は、4月下旬?5月上旬頃です。トマトは苗から育てるのが一般的とされますが、種から栽培する場合は、まだ、寒い時期に...
トマトの育て方

トマトの原産地と適した環境

トマトは、古くから私たちの食料として食べられてきた野菜です。そもそもの原産は、南米アンデス山脈の高地にて生まれましたので、トマトは、高温多湿の状況をとても嫌います。日中の強い日差しは好む植物ではありますが、日本の夏は、トマトの生まれ育った環...
トマトの育て方

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。特に、露地栽培では起こりやすい現象の1つとして知られ...
タイトルとURLをコピーしました