ホーム

スポンサードリンク

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

ilm16_ac01030-s.jpgのサムネール画像「家庭菜園に
興味があるんだけど、
初心者でも
できるのだろうか?」

野菜作りをしたことがない人には
野菜を作るのは難しそうに
思ってしまいますが、
基本的な栽培を理解したら
無農薬野菜を簡単に
作れてしまいます

家庭菜園は
初心者でも簡単に始められる野菜作りです

どんな畑を作ればいいのか?
良い土の作り方、種蒔きや苗の植付けから、
収穫までの育て方、水やり、害虫駆除の方法、
また家庭菜園を始めるのに必ず必要な道具から
あると便利なグッズまでどんどん紹介していきます

初めて家庭菜園に挑戦する方にもわかりやすく説明していきます
たくさんのおいしい野菜が収穫できますように、
少しでもこのページが皆様のお役に立てれば幸いです。

⇒カテゴリーごとの記事一覧

野菜別の育て方・栽培特性






■ な行
ナス
ニンジン
ニンニク



 









■ ま・や・ら行
モロヘイヤ
レタス
わけぎ











まずは簡単な作物から育ててみましょう


野菜は種類によって栽培の難易度があります。
栽培が簡単な野菜をはじめに育て、家庭菜園に
慣れることから始めましょう。


はじめは
どんな肥料をどれくらいあげればいいのか?
水やりはどのくらい与えればいいのか?
虫がついてしまったらどうすればいいのか?
など分からない事だらけです。


また、それぞれ作物によって答えは異なっていきますので、
最初の1年?2年は簡単な野菜育てて家庭菜園に慣れていきましょう。


初心者にも優しく、育てやすい野菜は
ジャガイモ、ピーマン、ミニトマトなどです。


また、ハーブといったものも丈夫なため育てやすいです。
ローズマリーなどを育てておくのも便利ですね。

⇒家庭菜園初心者でも作りやすい野菜

■何をどれだけ育てて良いか分からない場合には?


家庭菜園をはじめる方は、自分がまずを何の野菜を
食べたいのかをイメージしてみてください。
その中から少しずつ野菜をつくるのがポイントです。


少しずつ色々な野菜を育てれば、様々な野菜を
色々な時期に収穫出来、食生活のバランスも良くなります。
また、天候や病害虫などの被害も分散出来ます。


食べたいものをいくつかピックアップし、その中で、
少しずつ育てていくと良いでしょう。

⇒珍しい野菜・品種

■収穫出来る量を考えること


例えば育てやすいとされているプチトマトであれば、
一株でも充分に収穫が出来ることでしょう。
食べる人数を考え、必要な量だけを育てるのが鉄則です。


■家庭菜園をする場所の広さで作物を選ぶ


まず、作物を育てる場合には育てる作物にあった
環境が必要です。例えば、カボチャやスイカなどの作物は、
1株育てるにしても場所を広く要しますので、
ベランダなどで育てることは出来ません。


自分の家庭菜園の広さを把握し、それに見合った
作物を育てることは非常に重要なことです。

⇒ベランダ菜園について

家庭菜園は、年を重ねるごとにどんどん面白くなっていきます。
最初は専門用語なども難しく、育てる作物によって
全く育て方が異なるため手間取ることも多いかと思いますが、


1年?2年もすれば、勝手が徐々に分かってきます。
根気良く続け、家庭菜園の面白さを感じてみてくださいね。



スポンサードリンク

家庭菜園の台風対策|天気予報に注意して大雨、防風対策



家庭菜園の台風対策は済んでいますか? 
天気予報に注意して、台風が来る前に大雨、防風対策をしましょう。

ilm22_aa02002-s.jpg

樹木

台風で折れた枝が飛んだりすると大きな事故につながります。
台風が近づく前に、混みあった枝は切っておきましょう。

そのときにはよく観察して枯れた枝や曲がった枝なども取り除いておきます。
植えてまもなく、まだ土に根が定着してない木がある場合は
添え木や支柱を立ててやりましょう。



鉢とプランター

鉢やプランターも風で飛ばされないかチェックしましょう。
ハンギングバスケットや高い棚の上に置いてある鉢はおろしておきます。

倒れやすいものは、2 , 3鉢ずつ、
はじめから倒して結び付けておくとよいでしょう。
台風が通りすぎたら、すぐ元にもどしておきます。

ビニール袋などで覆って縛った場合も、
忘れないで通過したらすぐはずしましょう。



野菜、草花

庭の背の高い草花などは強風で
倒れないように支柱を立ててやりましょう。

支柱ごと飛ばされないように、支柱はしっかりと地面に挿します。



台風の前後はばたばたして
植物をよく見てやれなくなりがちです。

事前によく観察して、枯れた葉や枯れた草などは
片づけておくようにしましょう。

それらが原因で病気になってしまうことがあります。



 
園芸店やネットショップでは防風用の網が売られています。

防風網 白X長さ50mX網目4mmX幅100cm

防風網 白X長さ50mX網目4mmX幅100cm
価格:3,870円(税込、送料別)


防風の効果は、風上側は網の高さの約3倍、風下側は約10倍くらいです。
キッチンガーデンやコンテナが置いてあるスペースを考えて、
高さと幅をきめ、風上側に防風網を張ります。

防風網が手に入らないときは、寒冷紗でも代用できます。
網の陰が気になるようでしたら、
風が強く吹きそうなときだけ張るように工夫しましょう。

少量のコンテナでは寒冷紗などで
コンテナごとすっぽり覆ってしまってもよいでしょう。

ベニヤや波板などは、風の抵抗を強く受けるため
防風には不向きです。
その点、防風網は適度に風を逃がし、風を弱める効果があります。





台風通過後の処理


風で倒れた野菜苗は、触らずにそのままにしておけば、
翌日には元通り立ち上がります。

水分の多い土をいじったり、畑に入って作業したりすると、
土を練り固めることになります。

自力で元通りに立ち上がれない野菜類は、
ある程度土が乾いてから作業に取りかかりましょう。

ナスの実は、葉がこすれただけでも茶色い擦り傷ができ、
汚い果実になりますが、味は変わりません。
もし気になるようでしたら傷のひどいものだけ、切り取ってしまいましょう。

折れた枝はハサミで切り戻します。
ひどく傷ついた葉や実は取り除いてあげましょう。

台風は大量の雨をもたらします。
対策としては、あらかじめ排水溝を深めにしたり、畝を高めにしたりします。

台風が去ってからも、畑に水が溜まっているようなら急いで排水してください。
長く水に浸かると枯れてしまう野菜もあります。
雨対策は台風だけでなく、秋の長雨にも有効です。


コンテナに植えた野菜は、
株全体に水をかけ、泥などのよごれを洗い流します。

植物の病気は、糸状菌(カビ)によって起こるものがほとんどです。
土の中にいる病原菌が雨によって跳ねあがり、
葉や茎に付着して病気が発生することが多いのです。

また、細菌による病気は傷口から侵入します。
そこで、台風によって葉や茎に着いた泥や汚れを洗い流すのです。
また海に近いところでは、潮風で塩害を受けるときがあります。
台風の通過とともに、よく水をかけて、塩を流してあげましょう。 

そのときに薄い液肥を混ぜてあげると傷んだ植物の回復が早くなります


IMG_3006.JPG
ペンタガーデンを1週間に1度程度散布して収穫までできました


農家では台風の通りすぎたあとは必ず消毒をしますが、
家庭菜園では少しぐらい病気が発生しても農薬の使用はさけたいものですね。




子供と一緒にミニキャロット栽培|初心者でも簡単にできる家庭菜園

子供達が学校の家庭科の授業で茄子を栽培したのをきっかけに、子供達が野菜作りに興味を持ちました。
それがきっかけとなり、私達の家でも家庭菜園を始める事になりました。
子供達はミニキャロットが大好きで、子供が好きなミニキャロットを育てる事にしました。ミニキャロットは人参特有の匂いが少なく、甘い人参です。長さも10cmと一般的な人参と比べると短いです。子供達は、ミニキャロットの甘さと可愛らしい容姿が大好きです。
ミニキャロットは種まき後70?80日で収穫出来ます。収穫まで3ヶ月かからないので、私達家族のような家庭菜園が始めての人にはもってこいの野菜だと思います。
ミニキャロットを栽培するにあたって気をつけていた事は、間引きのタイミングを逃さずに行う事でした。間引きが遅れると、根の肥大も遅れてしまい根形が乱れる事があるからです。また、ミニキャロットに栄養が十分に行き届くように除草は小まめに行いました。
子供達と一緒に収穫したミニキャロットは、形が歪な物もありましたが、とても彩りが綺麗でした。子供達は、本当に嬉しそうに収穫していました。
収穫したミニキャロットを子供達と一緒に調理して食べました。
自宅で栽培した野菜なので、子供達にも安心して食べさせる事が出来ます。採れたての新鮮野菜なのでサラダにして食べても野菜本来の味や食感を楽しむ事が出来、とても美味しく頂く事が出来ると思います。
また、お菓子にしても美味しく頂く事が出来ます。子供達と一緒にミニキャロットを使って、人参ケーキを作りました。ホットケーキミックスにすりおろしたミニキャロットと卵と牛乳を入れて焼くだけです。ホットケーキミックスを使えば砂糖やベーキングパウダーを入れる手間を省けると同時に、余分な物を購入せずに済みます。
子供達と野菜作りをする事によって、野菜作りの楽しさを知りました。これからも子供達と一緒にたくさんの野菜を作って行きたいです。

Return to page top