ホーム

スポンサードリンク

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

ilm16_ac01030-s.jpgのサムネール画像「家庭菜園に
興味があるんだけど、
初心者でも
できるのだろうか?」

野菜作りをしたことがない人には
野菜を作るのは難しそうに
思ってしまいますが、
基本的な栽培を理解したら
無農薬野菜を簡単に
作れてしまいます

家庭菜園は
初心者でも簡単に始められる野菜作りです

どんな畑を作ればいいのか?
良い土の作り方、種蒔きや苗の植付けから、
収穫までの育て方、水やり、害虫駆除の方法、
また家庭菜園を始めるのに必ず必要な道具から
あると便利なグッズまでどんどん紹介していきます

初めて家庭菜園に挑戦する方にもわかりやすく説明していきます
たくさんのおいしい野菜が収穫できますように、
少しでもこのページが皆様のお役に立てれば幸いです。

⇒カテゴリーごとの記事一覧

野菜別の育て方・栽培特性






■ な行
ナス
ニンジン
ニンニク



 









■ ま・や・ら行
モロヘイヤ
レタス
わけぎ











まずは簡単な作物から育ててみましょう


野菜は種類によって栽培の難易度があります。
栽培が簡単な野菜をはじめに育て、家庭菜園に
慣れることから始めましょう。


はじめは
どんな肥料をどれくらいあげればいいのか?
水やりはどのくらい与えればいいのか?
虫がついてしまったらどうすればいいのか?
など分からない事だらけです。


また、それぞれ作物によって答えは異なっていきますので、
最初の1年?2年は簡単な野菜育てて家庭菜園に慣れていきましょう。


初心者にも優しく、育てやすい野菜は
ジャガイモ、ピーマン、ミニトマトなどです。


また、ハーブといったものも丈夫なため育てやすいです。
ローズマリーなどを育てておくのも便利ですね。

⇒家庭菜園初心者でも作りやすい野菜

■何をどれだけ育てて良いか分からない場合には?


家庭菜園をはじめる方は、自分がまずを何の野菜を
食べたいのかをイメージしてみてください。
その中から少しずつ野菜をつくるのがポイントです。


少しずつ色々な野菜を育てれば、様々な野菜を
色々な時期に収穫出来、食生活のバランスも良くなります。
また、天候や病害虫などの被害も分散出来ます。


食べたいものをいくつかピックアップし、その中で、
少しずつ育てていくと良いでしょう。

⇒珍しい野菜・品種

■収穫出来る量を考えること


例えば育てやすいとされているプチトマトであれば、
一株でも充分に収穫が出来ることでしょう。
食べる人数を考え、必要な量だけを育てるのが鉄則です。


■家庭菜園をする場所の広さで作物を選ぶ


まず、作物を育てる場合には育てる作物にあった
環境が必要です。例えば、カボチャやスイカなどの作物は、
1株育てるにしても場所を広く要しますので、
ベランダなどで育てることは出来ません。


自分の家庭菜園の広さを把握し、それに見合った
作物を育てることは非常に重要なことです。

⇒ベランダ菜園について

家庭菜園は、年を重ねるごとにどんどん面白くなっていきます。
最初は専門用語なども難しく、育てる作物によって
全く育て方が異なるため手間取ることも多いかと思いますが、


1年?2年もすれば、勝手が徐々に分かってきます。
根気良く続け、家庭菜園の面白さを感じてみてくださいね。



スポンサードリンク

オクラ栽培に挑戦しました

妻と家庭菜園を始めました。私達は夫婦でオクラを育てる事にしました。
私達夫婦は家庭菜園初心者です。


オクラは、アフリカ原産の野菜で暑さに強い野菜です。
プランターや露地栽培で育てる事が出来、丈夫な野菜なので初心者でも比較的簡単に育てる事が出来る野菜です。
オクラはアフリカ原産の野菜ということもあり、高温を好む野菜です。反対に寒さには弱い野菜です。
よく育つ温度は20?30℃です。


プランターで育てる場合、背丈が高くなるので、支柱を立てると良いと思います。
そうすると、根がしっかり張る事が出来ます。
またプランターを購入する際、標準のプランターより深型のプランターを購入した方が良いと思います。


オクラは根を深く張る性質がある為、30cm以上の深さが必要になります。
浅いと背丈が高くなると倒れやすくなるので、注意が必要です。
また、オクラは成長が早いので実が柔らかいうちに収穫するのがポイントです。


私達夫婦は、露地栽培ではなく、プランターを使って育てました。
オクラの背丈はとても高く伸びました。支柱がないと、茎が曲がってしまいます。
根をしっかりはらせる為にも、支柱を立てる事に重点を置きました。


オクラは、夏バテや食欲がないときにおすすめの食材です。
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。
またオクラには、独特の粘りがあるのが特徴です。


オクラが収穫の時期になり、夫婦一緒に収穫しました。
自分達で育てた野菜なので、安心して食べる事が出来ます。
収穫したオクラは、妻に調理してもらい美味しく頂きました。
今度は、別の野菜にも挑戦してみたいです。

カブの育て方|育てやすい品種聖護院大丸カブ

カブはスーパーで買うと意外と高く、中々手に入らないという方が多いですが、自宅の庭やプランターに撒いておくと簡単に栽培する事が出来るので人気があります。


特に、時無し小蕪は春から秋までいつでも蒔く事が出来るので人気の品種です。
漬物にしても甘くてカリカリしてて美味しいですし、病気にも強いので多くの方が栽培をしています。
カブの魅力は、種を蒔いてから収穫するまでが非常に早い事です。
最短で1ヶ月程度で食べる事が出来るまで成長してくれますし、手間が掛からずに良いと話題になっています。


カブは特に肥料を必要としない品種なので、ホームセンター等で売られている一般的な土でも十分に育ちます。
水遣りについても土が乾いたらやる程度でも成長しますし、特に注意が必要ありません。
より大きなカブを育てたいという方向けに、聖護院大丸カブという品種があります。
一般的なカブのサイズよりもふた回り以上大きいですし、食感が強く煮付けや漬物に最適です。
顔以上に大きくなる品種なので、育てていて非常に楽しいですし、食べごたえがあって人気の品種です。


カブは温暖な地域から、寒い地域まで栽培されている野菜で、気候を選ばないのも良いです。
トウ立ちがしづらく長く収穫出来ます。
カブの良い所は、小さいうちに収穫すると小カブとして、大きくなるまで育てると大カブとして収穫出来るので、自分の好みの時期で収穫する事が出来る点です。
小さいお子様でも簡単に育てられるので、始めてみると良いです。

Return to page top