ホーム

スポンサードリンク

家庭菜園をはじめよう|初心者でも簡単に始められる野菜作り

ilm16_ac01030-s.jpgのサムネール画像「家庭菜園に
興味があるんだけど、
初心者でも
できるのだろうか?」

野菜作りをしたことがない人には
野菜を作るのは難しそうに
思ってしまいますが、
基本的な栽培を理解したら
無農薬野菜を簡単に
作れてしまいます

家庭菜園は
初心者でも簡単に始められる野菜作りです

どんな畑を作ればいいのか?
良い土の作り方、種蒔きや苗の植付けから、
収穫までの育て方、水やり、害虫駆除の方法、
また家庭菜園を始めるのに必ず必要な道具から
あると便利なグッズまでどんどん紹介していきます

初めて家庭菜園に挑戦する方にもわかりやすく説明していきます
たくさんのおいしい野菜が収穫できますように、
少しでもこのページが皆様のお役に立てれば幸いです。









⇒カテゴリーごとの記事一覧

野菜別の育て方・栽培特性








■ な行
ナス
ニンジン
ニンニク



 









■ ま・や・ら行
モロヘイヤ
レタス
わけぎ











まずは簡単な作物から育ててみましょう


野菜は種類によって栽培の難易度があります。
栽培が簡単な野菜をはじめに育て、家庭菜園に
慣れることから始めましょう。


はじめは
どんな肥料をどれくらいあげればいいのか?
水やりはどのくらい与えればいいのか?
虫がついてしまったらどうすればいいのか?
など分からない事だらけです。


また、それぞれ作物によって答えは異なっていきますので、
最初の1年?2年は簡単な野菜育てて家庭菜園に慣れていきましょう。


初心者にも優しく、育てやすい野菜は
ジャガイモ、ピーマン、ミニトマトなどです。


また、ハーブといったものも丈夫なため育てやすいです。
ローズマリーなどを育てておくのも便利ですね。

⇒家庭菜園初心者でも作りやすい野菜

■何をどれだけ育てて良いか分からない場合には?


家庭菜園をはじめる方は、自分がまずを何の野菜を
食べたいのかをイメージしてみてください。
その中から少しずつ野菜をつくるのがポイントです。


少しずつ色々な野菜を育てれば、様々な野菜を
色々な時期に収穫出来、食生活のバランスも良くなります。
また、天候や病害虫などの被害も分散出来ます。


食べたいものをいくつかピックアップし、その中で、
少しずつ育てていくと良いでしょう。

⇒珍しい野菜・品種

■収穫出来る量を考えること


例えば育てやすいとされているプチトマトであれば、
一株でも充分に収穫が出来ることでしょう。
食べる人数を考え、必要な量だけを育てるのが鉄則です。


■家庭菜園をする場所の広さで作物を選ぶ


まず、作物を育てる場合には育てる作物にあった
環境が必要です。例えば、カボチャやスイカなどの作物は、
1株育てるにしても場所を広く要しますので、
ベランダなどで育てることは出来ません。


自分の家庭菜園の広さを把握し、それに見合った
作物を育てることは非常に重要なことです。

⇒ベランダ菜園について

家庭菜園は、年を重ねるごとにどんどん面白くなっていきます。
最初は専門用語なども難しく、育てる作物によって
全く育て方が異なるため手間取ることも多いかと思いますが、


1年?2年もすれば、勝手が徐々に分かってきます。
根気良く続け、家庭菜園の面白さを感じてみてくださいね。



スポンサードリンク

家庭菜園のピーマンにカメムシがついて困っています

家庭菜園が大好きでたくさんの野菜を育てています。
基本は自分が好きな野菜を栽培していますが、私はピーマンが大好きなので、自分でも作ってみようと思い、
昨年はじめて家庭菜園でピーマンを育てました。

しかし、ピーマンは他の野菜に比べると害虫問題がとても厄介でした。
カメムシが取っても取ってもどこからともなくやって来て、また翌日には茎にびっしりとくっついているのです。
ピーマンにつく害虫の駆除の仕方はいろいろあるのですが、私が実践したのは牛乳でスプレーするというものでした。

すると断然害虫たちは姿を消すのですが、
毎日毎日スプレーしないと忘れた頃にはまたびっしりとやってくるので本当に困りました。
しかも、牛乳で葉や茎や実のピーマンまで真っ白に染みが付いてしまうので、
見た目が汚くなってしまい、食べる気もなくしてしまいます。

洗えばすぐキレイになるので、もちろんピーマンは美味しくいただきましたが、
今年はどうするものか、まだちょっと考え中です。

トマトとかきゅうりはそんなに害虫を気にしたことがなかったので、
ピーマンのカメムシには本当に困ったものです。

カメムシは見た目も気持ち悪いのですが、なんと言ってもしこいのと、
すぐに卵を産み付けて、小さなカメムシの赤ちゃんがたくさん生まれることも、
エンドレスなカメムシとの戦いの大変な部分でした。

あと、害虫がついてても気にしないで駆除せずにほっといた苗のピーマンは小粒で全然大きく育たなかったので、
やはり害虫は駆除するべきなのだという事も分かりました。

家庭菜園は収穫も楽しいですが、やはり毎日毎日お水を与えて育ちを観察するのがとても楽しいです。
害虫駆除もそんな楽しい栽培の一コマではありますが、
ピーマンのカメムシのしつこさにはとても根気が必要です!

土のpHの調べ方|生えている雑草で酸性土壌を推測する

土のpHのは測定キットや測定器ではかることもできますが家庭菜園に生えている雑草で酸性土壌かどうかをある程度推測することができます。

畑に生えている雑草から土が強い酸性かどうかとさらに土が乾燥気味なのか湿り気味なのかある程度判断することができます。雑草を調べるときに大切なのは家庭菜園の中で多数を占めている雑草を見ることです。

また今まで育ててきた野菜の出来からも土が酸性かどうか推測できます。土壌の乾燥や肥料過多といった明確な原因がないのに玉葱、ほうれん草、小松菜、人参などの発芽が悪かったり、芽が出た後に葉が黄色くなったりした場合は酸性土壌の可能性があります。

生えていると酸性土壌の可能性が高い雑草

  1. スベリヒユ 乾燥気味の場所でもよく育つ
  2. スギナ 乾燥気味の場所でもよく育つ
  3. オオバコ 硬くしまった土でもよく育つ
  4. カヤツリグサ 湿り気の多い粘土質の土でもよく育つ
  5. ハコベ 湿り気の多い場所を好む
  6. ゼニゴケ 湿り気の多い硬くしまった土に生える

Return to page top