ほうれん草の育て方

ほうれん草の育て方

ほうれん草の育て方、種まきから収穫までととうだちについて

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種があります。 ホウレンソウは栄養価が高く、特にカロチン、ビタミンC、鉄を豊富に含んでいるので緑黄色野菜の代表的存在です。 ホウレンソウの根の赤い部分には、骨の形成にかかわるマンガンが多く含んでいるので捨てないで下さい。 最近はホウレンソウの東洋種と西洋種の一代雑種がつくられて一年中栽培されるようになり、調理の用途が広がりましたが、ホウレンソウの旬である秋冬どり栽培は、1年でもっとも作りやすい作型です。
ほうれん草の育て方

ほうれん草の収穫の時期とタイミング|目安は草丈が20センチ以上

■ほうれん草は、ベタ掛け資材を利用して育てる種まき後は、まだ小さい苗を保護するため、発芽を安定させるため、害虫や、雨の影響から守るため、ベタ掛け資材を利用します。気温の割と低い時期の栽培であれば、ベタ掛け資材は、不織布が良いでしょう。春まき...
ほうれん草の育て方

ほうれん草の苗の立ち枯れを防ぐには?|高温多湿、日本の夏が苦手な野菜

■高温多湿、日本の夏が苦手なほうれん草ほうれん草は、直播栽培で育てます。連作障害防止として、1年間は、アカザ科の野菜を育てていない場所で育てるようにしてください。ほうれん草の種は、高温多湿であると、発芽しにくいものです。秋の場合も、長雨によ...
ほうれん草の育て方

ほうれん草に適した土壌pH|酸性土壌をとても嫌う野菜

ほうれん草の栽培の注意点は、5つです。 甘みのある、美味しいほうれん草を栽培、収穫するためにも、 栽培のポイントに注意しながら、栽培してみてください。
ほうれん草の育て方

ほうれん草の花が咲く時期|春まき、夏まきはとう立ちしやすい

ほうれん草は、日の長さが、12?16時間以上になると、育て始めてから、約15日ほどで、花芽が形成されます。その後は、花茎が伸びて花が咲きます。これを、「とう立ちする」「抽だい」と言います。日の長さの短い冬は、花芽ができても、とう立ちまでの過...
ほうれん草の育て方

ほうれん草の種まきの時期|生育適温は10~20℃

ほうれん草は、非常に寒さに強い性質を持つ野菜です。日本の辛い冬も乗り越えられる野菜ですが、その寒さへの強さは、シベリアの寒地でも、栽培、収穫ができるほどだと言われます。ほうれん草の生育適温は、10度?20度程度。0度以下、氷点下を回ると、生...
ほうれん草の育て方

ほうれん草の原産地|東洋種と西洋種の違い

ほうれん草は、寒さに晒すことで甘みが増し、美味しくなります。そういったほうれん草の性質のため、少し前までは、ほうれん草は、冬の野菜として、冬にしか食べられない野菜でした。しかし、今は、1年中、ほうれん草を見掛けます。これは、どうしてなのでし...
ほうれん草の育て方

ほうれん草の育て方|家庭菜園では秋の時期に種まきがおすすめ

ほうれん草は、アカザ科に属する野菜です。日本では、1年を通してサラダや鍋、おひたしなどの料理に使われますが寒ければ寒いほど、甘みが増し美味しいと言われています。 そのため、家庭菜園で育てる場合は秋蒔きがお勧めです。畑に直に種をまいていく方法...
ほうれん草の育て方

ホウレンソウの土つくり・畑の準備|酸性土だと生育がわるくなってしまう

ホウレンソウは酸性の土では生育がわるくなるので苦土石灰と堆肥をやや多めに畑に入れますスコップなどで深く耕した後、元肥をまいてうなを立てます入れる量苦土石灰 1平方メートル当たり100g堆肥    1平方メートル当たり2?3kg元肥化成肥料 ...
ほうれん草の育て方

ほうれん草の育て方・栽培方法

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、 江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種があります。 ホウレンソウは栄養価が高...
タイトルとURLをコピーしました